So-net無料ブログ作成

なつぞら (145)~(147)「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」 [なつぞら]

(2019日)

昭和49年(1974)10月に開始された『大草原の少女ソラ』を見た
母子がマコプロを訪ねてきた。


natsu1.jpg

千遥と、千夏だった。
小料理屋の女将をしているとのことだった。


natsu1b.jpg

訪ねたが、咲太郎は最後に天丼、ということで千遥に任せた。
この時点でピンとこなかったのが悔しいところですね。


natsu2.jpg

父の味だった。
が、なつが思い出す。
天ぷらを揚げてたのは、母だった。

ここでなぜか、父は後ろ姿のまま顔をださなかった。
どうも背中が怪しい。
私は、別人で誤魔化しだ、撮影日の都合がつかなかったのかと思った。

が、少し調べるだけで、これは「男の背中」を内村が演じたものだと判明した。
「味の記憶を大切にしたい」とのことだった。

素晴らしい。
訂正させて頂きます。感動しました。


natsu4.jpg
NHKオンデマンド なつぞら (145)~(147)「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」

なつたちが帰宅し、父の手紙や絵をなつから受け取った千遥は涙する。

しんみりと終るのかと思いきや、義母が登場。
離婚を決意するも、店は帰ってこない息子のモノだと強調する嫌味な姑だった。




人気ブログランキング
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。