So-net無料ブログ作成

おしん 117~119回 試練編 [おしん]

(1983日)

大正12年(1923)9月1日に地震。2日間上野公園で過ごし、
3日には火災が治まり、自宅と工場を確認しに行き、師匠やりつ、健と再会した。
また、母のふじが3日に山形から来てくれた。


oshin1.jpg

健さんが、家を用意してくれ休養し、
恐らく翌日の4日か5日には、佐賀へ向かうことになった。
軍の船で運んでくれるとのことだった。


oshin2.jpg

10日位には、実家に着いたのでしょう。
が、家も財産も失って避難してきた嫁に対する視線は厳しかった。


oshin4.jpg

物置のような部屋を与えられる。
竜三が雄を抱いて帰ってきたことであれ、おしめを洗ったことであれ、
姑はいちいち嫁に口にした。


oshin5.jpg
NHKオンデマンド おしん 117~119回 試練編


大地主だった田倉家だったが、父の大五郎の代で事業の失敗で縮小。
長兄の福太郎に連れられ、開墾をすることになった。
おしんは小作の娘で手伝った経験はあるが、竜三は見てただけだった。




人気ブログランキング
コメント(0)