So-net無料ブログ作成
大河-総集編他 ブログトップ
前の10件 | -

春の波涛(はとう) 総集編 後編 [大河-総集編他]

(1985日)

明治32年(1899)19名でアメリカ巡業の旅に出て、成功したと思いきや、
売上を興行師に持ち逃げされ、貞たちは、路頭に迷うこととなった。
姪のツルは子どもだったので親切なアメリカ人に預け、シカゴまで歩いた。


haru1.jpg

まず安ホテル1室に2人が客として入り、他は仕事で訪れたことにして占拠した。
左端が尾藤イサオ。中村雅俊と大河で連動して出演している。

1977 『花神』    伊藤博文(尾藤) 高杉晋作(中村)
1981 『おんな太閤記』 浅野長政(尾藤) 豊臣秀長(中村)
1985 『春の波涛』    丸山蔵人(尾藤) 川上音二郎(中村)


haru2.jpg

地元の有力者と何とか交渉して1日舞台をすることになった。
条件が貞も芝居をすることだった。
劇中、疲労で倒れたが、観客は迫真の演技と捉え大成功。
以後、川上座は興行を重ねた。


haru4.jpg

一方、福沢桃介は明治32年に「丸三商会」を立ち上げ順調かと思われたが、
慶応義塾の先輩の東京興信所が「信用絶無」と報告したため、取引先が離れた。
が、どうやら諭吉の手だったようだ。


haru6.jpg

川上座はアメリカで大成功。パリに渡った。


haru7.jpg

万博内ロイフーラー劇場で公演


haru8.jpg

大成功。パリ社交界で、奴ドレスとして注目された。
エリゼ宮に招かれ大統領から勲章授与となる。


川上一座が帰国した翌月、明治34年(1901)2月、福沢諭吉、他界。
桃介は葬儀には出なかった。
「出たいが、ほっとした。息が詰まってた。偉大すぎて」
本音だった。


haru9.jpg

明治座 日本初の『オセロ』

『ハムレット』『ヴェニスの商人』などシェイクスピア劇で存在感を示した。
成功し、大阪市に帝国座を作った。


harua.jpg

明治44年(1911)11月11日、川上音二郎は帝国座の舞台の上で永眠。
貞の願いで運ばれた。


harub.jpg

この頃、『カチューシャの唄』など歌う女優として松井須磨子が注目される。

貞奴は有名だったので地方巡業で困りはしなかったものの、
先細りで惨めにならない内にと、桃介が勧め、
大正6年(1917)に貞は女優引退を宣言する。

が、何の因果か、翌年、不倫関係だった島村抱月の病死を機に松井須磨子が自殺する。



haruc.jpg
NHKオンマインド 春の波涛(はとう) 総集編


その後、貞は桃介と暮らし、事業面でも支えた。


昭和21年(1946)、岐阜の貞照寺に眠ることになる。享年75
貞照寺は貞が私財で作った寺で、桃光院は桃介が由来だそうだ。

貞照寺は真言宗智山派の寺院で、智山派と言えば
インドの仏教界に飛び込んだ佐々井秀嶺氏、その師の山本秀順氏を思い出す。
(お会いしたことはございません)


実に我執に囚われず飛び出す方たちだ。

波乱万丈、堂々たる人生でした。




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

春の波涛(はとう) 総集編 前編 [大河-総集編他]

(1985日)日本初の女優川上貞奴が主人公の実話。明治大正期の文化を学ぶつもりだったが、それだけではないようだ。
総集編と一つにまとめているが、前編・後編でいきます。

明治16年(1883)に完成した鹿鳴館で連日、舞踏会だったようだ。


haru1.jpg

明治19年(1886)、伊藤博文にお願いして貞(15)は舞踏会で踊ったものの、
心の中は桃介(18)のことを考えていた。(もしくは明治20年)


haru2.jpg

桃介は、慶応義塾在学中に房子の結婚を前提で福澤家の養子となることとなった。

haru3.jpg

房子のお金を留学費用とするとのことで感謝する桃介。(養子前)


haru7.jpg

桃介は恋仲だった貞がいて別れたが、房子は気になり兄と共に貞の顔を見ることにした。
嫌味な会話を交わす。

この日、貞がヤケになり、道で座り込んでいたところ、濱田屋まで運んでくれたのが川上音二郎だった。


haru8.jpg

明治20年(1887)12月25日に制定、発布、即日施行の勅令で
26~28日に自由民権派の570人が東京退去となったようだ。
尾崎幸雄、中江兆民らと共に、たまたま濱田屋に顔を出した音二郎も捕まった。
「自由民権の危険人物」とのことだった。

音二郎は、明治15年6月(1882)、18歳で福沢諭吉により慶應義塾の学僕となり桃介とは4つ上で友人関係となっていた。


harub.jpg

明治22年(1889)2月11日大日本帝国憲法が発布される。
その頃から日清戦争時の頃まで、5年以上、『オッペケペー節』が大ヒット。


haruc.jpg

明治27年(1894)、結婚に際して、金子堅太郎と伊藤博文。
金子は日露戦争時、アメリカで宣伝や交渉を担当した伊藤の三羽烏。
伊藤に「パリに行け」とのアドバイスで、川上はパリで学び帰国。
パリの経験を活かし演劇を成功させた。


harucB.jpg

同年、桃介は吐血し、長期の療養生活に入った。そこから株式投資の経験を重ねた。
見舞いに来た貞は、桃介から株を学んだ。

この二人は33年後の今年『西郷どん』で夫婦を演じている。
1982年の映画『蒲田行進曲』では平田満(大久保の父)との3人は共演していた。


夫の音二郎が自前で劇場を持ちたいとの理由で桃介から株を学んだが、成功となる。
明治29年(1896)6月内助の功もあって「川上座」が完成した。


harud.jpg

が、音二郎に隠し子がいて、しかも貞が日頃可愛がっていた子だった。
貞はキレてカミソリを振り回し暴れる。


harue.jpg

6月14日、開会式に2000人集めたが、初日早々、貞のカツラが取れる事件となる。
上手くいかず、借金の返済が大変だった。
桃介の見舞いに行き相談する前に、家族が来て、その場を去った。


明治31年(1898)、音二郎は総選挙に打って出たが、15円以上の税納付者の制限選挙のため、
支持する層が違い敗北となった。


haruf.jpg

音二郎は、海に出て、死ぬか生きて帰れるか試した。
助かったら芝居を続けようと決意、貞も共にした。

結局、助かる。

その後、日系アメリカ人の興行師からの話があり、
明治32年(1899)神戸港から19名でアメリカ巡業の旅に出た。


haruh.jpg
NHKオンマインド 春の波涛(はとう) 総集編


渡米したが、貞は騙され、実は貞を主役とした契約だった。

が結果、大成功。観客は沸いた。

しかし、売上を日系アメリカ人の興行師に持ち逃げされ、路頭に迷うこととなる。


基本的に実話の波乱万丈伝なので面白かった。
よく、これだけ調べて小説にしたものだと感心します。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

北条時宗 総集編 後編 蒙古(もうこ)襲来 [大河-総集編他]

(2001日)

文永8年(1271)、フビライは3度目の国書を博多に送ってきた。
第3代執権北条時宗の兄、時輔は「国を開け」と主張。


toki4.jpg

朝廷は、兄弟の対立を利用し時輔を朝廷の使いとしてフビライの重臣趙良弼と接触させた。


toki7.jpg

当然に、時宗激怒。

文永9年(1272)2月11日、鎌倉にて時宗の子が襲撃される。
北条時章・教時兄弟の謀反とし時宗は滅ぼした。
また、京都にいた時輔を殺すことにした。父時頼の遺言でもあった。


6度の使節を経、フビライは開戦を決意。文永11年(1274)10月5日、対馬侵攻。
20日に博多に上陸、が、21日に撤退した。


tokib.jpg

勝った気がしなかったところ、半年後。蒙古の使者が来た。
なんと、時輔は生きて通訳を果たしていた。
時宗は使者を斬ることとし、時輔が訳した。


tokic.jpg

無学祖元(禅宗僧侶)は、時宗を診断、5年の命と予言する。


tokid.jpg

文永10年(1273年)、北条実時(右)「石の砦の策」を安達泰盛に託して引退。
僧侶農民商人も力を合わせて防御体制を構築した。


tokie.jpg

聖寿節(フビライの誕生日)、右にマルコポーロ


tokif.jpg

その日、群衆に交じった佐志房(藤竜也)は、文永の役で失った3人の息子の復讐を果たそうとした。
杖が槍の偽装だった。握り部分を外す。
わずかにフビライの頭を外し、捕縛される。
フビライは生かすつもりだったが、部下が勝手に殺し、
理由を聞いたフビライは佐志房を勇者とし丁重に葬るよう指示した。


tokig.jpg

弘安4年(1281)となる。


tokih.jpg

北条実時の「石の砦」で守った。


tokij.jpg

その頃、時宗は病に苦しんでいた。


tokik.jpg

喧嘩の後の、安達泰盛と平頼綱。
喧嘩とはいえ、殺し合いのところを時宗が間に入り、時宗が倒れた後のことだった。
友情は芽生えず、後に「霜月騒動」にて、安達一族は自害・討ち死。
頼朝以来の有力御家人はいなくなり、得宗独裁体制の確立に平頼綱は寄与する。


tokil.jpg
NHKオンデマンド 北条時宗 総集編 後編 蒙古(もうこ)襲来


時輔を助けた弟の宗政だったが、後ろから刺された。



時輔が生きていたことや、時宗の母が毛利季光の娘としていることなど、
フィクションは多いが当時に全話見るべき作品だったのでしょう。

とはいえ、前編・後編の計3時間18分を7時間位の倍以上かけて鑑賞しました。
作業に加え、それぞれの人物の関係や役職、調べながらの鑑賞に時間がかかりました。
軽いようで重厚感ある作品でした。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

北条時宗 総集編 前編 兄弟 [大河-総集編他]

(2001日)

toki1.jpg

建長3年(1251)5月、第5代執権北条時頼と葛西殿より時宗は誕生する。
葛西殿は毛利季光の娘で戦で敵となり父を殺した時頼との婚約は破棄されず、恨みを抱いたまま時宗を育てた。(本当は北条重時の娘なのでしょう)


toki6.jpg

時輔は時宗の兄で側室の子だった。
鎌倉幕府第6代将軍から上洛にあたり奉供人(ぐぶにん)筆頭を命じられた。
第6代執権北条長時も同意する。
第5代の時頼は病により臨時に長時に譲った。時宗成人までとのことだった。


toki7.jpg

時宗は父から、「将軍の上洛を阻止してみろ」とテストされる。
後嵯峨上皇の皇子宗尊親王を将軍に迎え入れていたが、
将軍は兵1万と金を使う上洛を実行し、権威を示したかった。


toki8.jpg

時宗は会議で上洛を止めるよう説得する。左から

安達泰盛 頼朝の流人時代から支えた安達盛長(『草燃える』では武田鉄也)の曽孫
北条政村 政子の甥、第2代執権義時(『草燃える』では松平健)の子
北条時宗 義時(第2代)→ 泰時(第3代) → 時氏 → 時頼(第5代)→ 時宗
北条長時 第6代執権、傀儡だった。政村の甥。(川崎麻世)
北条実時 金沢文庫の創始者



tokia.jpg

(宗政、時宗、時輔)
時頼は息子3人を集め、遺言を口にした。
第一、「毒を盛った犯人を捜すな」だった。
第二、「第6代執権、北条長時を殺せ」だった。

その後、時宗だけには、「時輔を殺せ」と残した。


tokid.jpg

長時が死んだ。
鎌倉幕府第6代将軍(吹越満)は、自分が長時に「時宗を殺せ」と命じたことが原因かもしれないと狼狽する。


tokie.jpg


「信頼している」という時宗の言葉に、
時輔は「なら、目を瞑ってみろ」と刀を抜いた。


tokif.jpg

兄時輔を六波羅へ飛ばすと同時に、時宗は執権を辞退した。
第7代執権が転がり込みご満悦の北条政村。
時宗14歳だったので、中継ぎだったのが正しいのでしょう。



tokig.jpg
NHKオンデマンド 北条時宗 総集編 前編 兄弟

が、モンゴル帝国第5代皇帝フビライ・ハンから国書が届いた。
これを機に、18歳の時宗が第8代執権となり、政村は連著として支えた。

元の広大な光景や海の商人も描いており、見応えありました。




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング

コメント(0) 

草燃える 総集編 第5回 尼将軍・政子(最終回) [大河-総集編他]

(1979日)

建仁3年(1203)9月7日、比企能員の変を経て源実朝(11)は第3代将軍となった。
祖父の初代執権北条時政が支えた。
頼朝以来の功臣を潰しにかかる。


kusa1.jpg

元久2年(1205)6月22日、 畠山重忠 享年42 (ウルトラセブン)
時政の前妻の娘婿だったが、息子の重保と牧の方(時政の後妻)の娘婿の平賀朝雅との揉め事から謀反の疑いをかけられ滅ぼされる。


kusa3.jpg

が、人望のあった畠山重忠一族を滅ぼしたことは後味が悪く、
義時や政子、御家人は、時政や牧の方に不信を抱き問い詰めた。
牧の方が実朝を廃して娘婿の平賀朝雅を鎌倉殿にしようとしたことが発覚。

父時政は義時に言った。

 「いつのまにか 薄気味悪いやつに・・・」
 「悪党め、北条一族で最たる悪党よ、そなたは、」

時政と牧の方は閏7月20日に出家、京都守護だった平賀朝雅は殺害された。



kusa7.jpg

建暦3年(1213)5月3日 和田義盛も討たれた。
大功労者だったが、義時が挑発し和田一族を滅ぼした。


kusa8.jpg

三浦義村の妻は公暁(頼家の次男)の乳母だった。
公暁は園城寺(天台宗総本山)で修行していたが、
建保5年(1217)6月20日、18歳で鎌倉に戻り、祖母政子と再会する。


kusa9.jpg

公暁は三浦義村の四男駒若丸(京本政樹)と衆道の仲でもあった。
公暁は父殺しの恨みを実朝に抱いていたが、
義村は第2代執権北条義時も討つことを公暁に焚きつけた。


kusaa.jpg

建保7年(1219)1月27日、八幡宮拝賀を狙って、公暁は暗殺を実行した。
随行する北条義時も同時に殺害するつもりだったが、義時は身代わりを用意し離れていた。
三浦義村は実朝と義時が討たれれば、公暁を戴いてクーデターを実行する計画だったが、
義時が存命である以上、「知らぬ存ぜぬ」という立場で公暁を殺すことにした。
嗚咽する京本政樹だった。



kusac.jpg
NHKオンデマンド 草燃える 総集編 第5回 尼将軍・政子(最終回)


後鳥羽上皇は、実朝暗殺を機に、政治的実権を取り戻すべく、義時追討の院宣を出した。不安が襲いかねない東国武士団を政子は奮い立たせた。

政子は、彼らに、敵となるも味方となるも自由としたところ、

真っ先に声を上げて忠誠を誓ったのが、三浦義村(現 藤岡弘、)だった。




戦が終わり、琵琶法師が義時の前に現れた。

「祇園精舎の鐘の声……」


滝田栄の伊東祐親が物語の伏線で作品に厚みを与えていました。
見事でした。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

草燃える 総集編 第4回 頼家無惨 [大河-総集編他]

(1979日)

建久10年(1199年)1月13日、頼朝急死により、18で頼家が第2代鎌倉殿となる。


kusa1.jpg

争いがあれば、即決裁判で所領没収。親しい者に分け与えた。
当然に、不満となり、わずか3か月後に13人の合議制となった。

13名の中に安達盛長がいたが、息子景盛の妻を拉致して妾にするなど、
頼家に分別はなかった。


kusa2.jpg

梶原景時(左)、頼朝を「石橋山の戦」で救い重用されたが、頼家の代となり、
66人の景時排斥の連判状が提出され、正治2年(1200)1月20日、追放となった。
中央、梶原景季(宮崎達也)
『翔ぶが如く』の野村忍介で警察署長だったが西南戦争を戦う。



kusa3.jpg

建仁3年(1203)6月 阿野全成(頼朝の異母弟) 処刑。
頼家の叔父だった。


kusa4.jpg

全成の妻は阿波局(北条時政の娘で政子の妹)だった。
実朝の乳母をしていた。



kusa7.jpg

が、将軍頼家は大量の血を吐き、8月末に危篤状態となった。
左から、北条時政、比企能員(佐藤慶)、北条義時

比企一族は頼朝の幼少期から支え信頼されていた。
が、頼家は比企を重視し北条を軽んじた。
この場で、時政は頼家回復の祈願を口実に比企能員を自邸に招く。


kusa8.jpg

9月2日、比企一族、滅ぼされる。
右の比企宗員(能員の子で頼家の近習)に抱かれている子が、頼家の長男一幡(いちまん)。
政子にとっては孫だったが、炎の中の人となった。
髪の乱れた女、比企重子(能員の妻)と娘の若狭局(頼家の妻で一幡の母)

kusa9.jpg

政子は義時(弟)に言う。

「あの人たちには死んでもらうしかなかった。頼家が死ぬと決まっている以上は」

義時と政子は、頼家の死の前に頼家を死んだことにし、
朝廷に、実朝への将軍宣下の使者を出し、頼家の妻子を含め比企一族を殺した。


ところが、だった。頼家が、回復。
事情を聞いた頼家は激怒したが、どうしようもなかった。


kusac.jpg

伊豆国修禅寺に向かう日、涙する母を見ようともしなかった。



kusad.jpg
NHKオンデマンド 草燃える 総集編 第4回 頼家無惨


元久元年(1204)7月18日、享年23。
典型的な2代目で妻子を殺され回復するという愚か悲惨な末路でした。


『愚管抄』では抵抗したようだ。

「修禅寺にてまた頼家入道を刺殺してけり。とみに、えとりつめざりければ、頸に緒をつけ、ふぐりを取りなどして殺してけりと聞えき。」




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング


コメント(0) 

花神 総集編 第5回 維新回天(最終回) [大河-総集編他]

(1977日)

慶応3年(1867)9月19日、薩摩の大久保は長州に向かった。


kasin1.jpg

左端 第14代藩主毛利敬親(金田龍之介)「そうせい」が口ぐせだった。
対面 大久保


kasin2.jpg

10月、大政奉還を決意する徳川慶喜


kasin4.jpg

慶応4年(1868)1月4日、仁和寺宮嘉彰親王が征討大将軍となり、
愛人に作らせた錦旗が使えることとなり勝利を確信する大久保一蔵。


kasin5.jpg

越後長岡藩は15万石の小藩だったが、5月3日、徹底抗戦を決意する。
同日、奥羽列藩同盟結成
河合継之助、ガドリング砲を採用したが、重くて移動が難しかった。


kasin7.jpg

明治2年(1869)5月11日、五稜郭にて、土方歳三 35歳。


kasin8.jpg

京都で刑法官の監察を行う弾正大忠となった海江田信義、
長州脱藩浪人と会合を持った。(神代直人、太田光太郎、団伸二郎)
上野戦争で、嫌味な大村に恨みを抱いた。


その頃、関東に軍事施設を作る案を退け、大阪に作ることを大村は主張。
東北諸藩が復活することは数十年心配ないが、薩摩のエネルギーが心配だった。

7月27日、大村は東京を発ち東海道は危険なので、
 桂の勧めで中山道で京に向かった。
8月13日、京都着。
     伏見練兵場で明治陸軍の原型となる調練方法を決める。
     宇治火薬製造所、大阪砲兵の陸軍施設、天保山に海軍基地を作った。

    後、西南戦争鎮定の根拠となり、太平洋戦争終結まで使われることとなった。

9月3日、京に戻り、三条木屋町の宿に泊まった。


kasin9.jpg

9月4日、海江田信義(薩摩)と飲んだ長州浪人ら8人、大村を襲う。
左、神代直人(現 川口雪篷)



kasine.jpg
NHKオンデマンド 花神 総集編 第5回 維新回天(最終回)

シーボルトの娘イネは、娘の高子の夫から聞き、
横浜から8日で京に到着。


10月2日、大阪へ舟で運ばれた。担架を担いだ男の中に、
  後、日露戦争野戦参謀総長となった児玉源太郎と
    陸軍大臣となる寺内正毅がいた。

27日、午前8時、右大腿部切断。

11月5日、帰らぬ人となった。45歳。


長州の革命の系譜に3人がいて、
吉田松陰は思想家、高杉晋作は行動家、大村は技術者として活躍したそうだ。

維新が正義なら技術をもって枯れ木に花を咲かせたのが、大村益次郎だった。

中国では「花咲爺さん」のことを「花神」と言うそうだ。




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

葵(あおい) 徳川三代 総集編 第4回 葵(あおい)の絆(最終回) [大河-総集編他]

(2000日)前回、慶長20年(1615)大阪夏の陣で豊臣家が滅亡。
翌、元和2年(1616)家康の死去となった。

そして、元和8年(1622)11月、第2代将軍秀忠は、家光に家督と将軍を譲ることを家臣の前で表明した。


aoi1.jpg


ところが、聞いてなかった家光は動揺。
家臣からの信望が薄かったため、将軍となる自信がなく、
腹を切ることにした。



aoi2.jpg

が、乳母のお福(樹木希林)に危うく止められ、
容赦ないビンタを受ける家光だった。


翌、元和9年(1623)7月、上洛、家光将軍宣下となる。
 12月、鷹司孝子の輿入れとなったが、険悪だった。

寛永3年(1626)秀忠、家光、忠長(家光の弟)、上洛し二条城で宿泊。
   9月6日、後水尾天皇が二条城に行幸。


aoi4.jpg

 この頃、お江が昏睡状態に入った。


aoi5.jpg 

 12日、忠長のみ、急遽帰国。


aoi6.jpg

 13日、お江の心配していたが、秀忠は太政大臣に、家光は左大臣の勅を受けた。

 15日、お江、享年54 だった。



 5年後の寛永8年(1631)末、秀忠が倒れ、翌正月の諸将の拝礼が中止。

 aoi7.jpg

 寛永9年(1632)1月24日、秀忠死去。満52。
  その日、諸将が招集され、家光は

  「家光に従う気がないなら、かかってこい」

  と恫喝した。
  それに呼応し、伊達政宗が、

  「この政宗が、お相手いたそう」

  と、家光側として、諸将を威圧する。抜け目がなかった。



aoi8.jpg
NHKオンデマンド 葵(あおい) 徳川三代 総集編 第4回 葵(あおい)の絆(最終回)

 家光の治世となるものの、
翌、寛永10年(1633)12月6日、高崎城にて弟忠長が自刃する。享年28。
 
 家光に「この家光がたとえ死のうが、お前には家督も将軍も譲らん」
 
 と、宣告され、理由はあるものの領地は没収され不遇の身となる。
 この作品では、弟の死の報告を聞いた家光は驚き涙する。

 
 お江は、秀忠に「幸せでございました」と言って死んでいった。
  そう思える時期に死ねたことが幸いでした。
 



最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

花神 総集編 第4回 徳川を討て [大河-総集編他]

(1977日)

村田は宇和島藩御雇の身分だったが、万延元年(1860)に長州藩士となった。
桂小五郎の約束とは違い、年米25俵だった。
慶応元年(1865)、5年を経て当初の約束100石が与えられることになる。


kasin2.jpg

馬廻役譜代の上士となった。


kasin3.jpg

5月27日、「村田」は百姓名なので、上士には相応しくないとのことで、
仕方なく、地名から「大村」とした。
さらに家系図の提出を命じられ、なければ「専門家」に頼めと役人は言った。
家系図をそれらしく作ってくれる業者だったが、
大村は、怒って退出する。


kasin4.jpg

この頃、西郷吉之助は坂本龍馬を薩摩に連れ帰っていた。
龍馬は先に下関に向かい、桂小五郎と会って西郷を待つことにした、
が、西郷は大久保の上洛を急かす手紙を受け取り、スッポかした。
西郷と来るはずだった中岡から聞いて桂は激怒。
そこに大村もいたようだ。
(桂、大村、坂本、中岡、白石)


kasin5.jpg

天堂晋助は高杉と桂の世話で長州藩士となった。
禁門の変以降も京に残り、情報活動と暗殺に従事していた。
お里は、天堂に人殺しを止めてほしかった。迫真の説得。


kasin6.jpg

慶応2年(1866)1月21日、薩長同盟。


6月、第2次長州征伐となった。
幕軍は下関方面5万、大島を奪って海上に2万、広島5万、益田から3万と言われた。
それを大村は3千で守ることとなる。
6月に大村は浜田城を落とし、7月石見銀山を奪う。
高杉も6月に下関で小倉城を落とした。


kasin8.jpg

めでたく、酒宴を楽しんだが、高杉は労咳を隠していた。
それを知った、右端 山縣 奇兵隊参謀の時山直八。


kasin9.jpg
NHKオンデマンド 花神 総集編 第4回 徳川を討て

「おもしろきこともなき世におもしろく」

慶應3年(1867)4月14日、高杉晋作、27だった。
「面白く」するため、臨終の時に筆を取ったことにしたのでしょう。
そんな力も残ってるはずがなかった。



最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング


コメント(0) 

葵(あおい) 徳川三代 総集編 第3回 豊臣家滅亡 [大河-総集編他]

(2000日)

慶長19年(1614)8月、「国家安康」で「家康」を引き裂いたとされる有名な方広寺鐘銘事件が起こる。

11月に「大阪冬の陣」となる。秀頼10万 x 家康20万 と言われる。
各砦での戦いは家康軍が全勝。大阪城を包囲した家康は豊臣勢を休ませず疲弊させ大砲の威力に淀殿も講和を決心する。


aoi4.jpg

次妹のお初が、出向いた。
浪人は不問、本領安堵、外堀を埋める等の条件で家康は血判する。

が、大阪城に浪人が集まり、世話をした。
家康は豊臣に大阪城を去り伊勢か大和に移るよう勧告。

慶長20年(1615)4月「大阪夏の陣」となった。


aoi8.jpg

5月7日 茶臼山 真田幸村軍


aoi9.jpg

幸村の奮闘により、敗走することになった家康。


が、大勢は決まっていた。
大阪城は燃え落ち、城外の倉に、一同は逃げ込んだ。
外には、家康・秀忠らがいる。


aoib.jpg

最期の挨拶を交わしていた。
大野治房、大野治長(秀頼の父?)、と大蔵卿局(2人の母で淀殿の乳母)


aoibajpg.jpg

秀頼と淀殿。
さすが大女優、小川真由美でした。



aoie.jpg

8月5日 江戸城に帰った秀忠だった。

和姫(五女) 千(秀頼の妻)   お初(次妹)お江(三妹)
竹千代(家光) 国千代(忠長)

秀忠とお江の長女は戻ってきた。


aoif.jpg
NHKオンデマンド 葵(あおい) 徳川三代 総集編 第3回 豊臣家滅亡

元和2年(1616)、家康の遺言を聞いた3人。
金地院崇伝、南光坊天海(明智光秀?)、本多正純

秀忠、土井利勝が聞く。


「人生いろいろ、徳川家康」でした。



人気ブログランキング
コメント(0) 
前の10件 | - 大河-総集編他 ブログトップ