So-net無料ブログ作成
西郷どん ブログトップ
前の10件 | -

【無料】大河ドラマ「西郷どん」最終回直前スペシャル 「西郷どんと鈴木亮平の500日」 [西郷どん]

(2018日)

西郷隆盛を「フィクション」として鈴木亮平さんが演じられた。

『翔ぶが如く』からの出演者も多く、当然に参考とされたそうだが、
『西郷どん』は意図的に史実から離れようともしていた。

慶喜がヒー様で、愛人が薩摩出身でかつて西郷が助けようとした娘だったなど、
飛んでいたが、町火消「を組」の新門辰五郎の娘のお芳との話なら、
『翔ぶが如く』『徳川慶喜』で登場して有名でもあるので、避けたのでしょう。

主役なので無理して良い人物に仕立てることになったのでしょう。
熱い人情溢れる好人物を演じられていた。

実際は、少年期に斬られて刀を使えなくなった負の感情が基底にあり、
西郷を「陽」の人物としていたが、それは下野後であって、
それまでは表向き「陽」だが「陰」の人物だったと思います。

鈴木さんは、ヒー様を助けるために人をはじめて殺める役に悩まれたそうですが、
全くの善人がやむを得ず人を殺めた西郷の変化というのはフィクションであり、
理解しがたい西郷さんを好きになれず、史実を離れた虚像をリアルに演じなければならなかったのでしょう。

演技そのものは、薩摩言葉のアクセントに苦戦される。
セリフは1日で入るが方言と芝居の片方だけに気を取られてもいけない。


島の生活は、大島と沖永良部島の4年半を20日で撮影するので、
頭をセットするのが大変だったようだ。順撮りして欲しかったとのことでした。
渡辺謙さんに相談し負の感情も全て役にのせるとのアドバイスだった。


大久保を演じた瑛太さんは富国強兵を目指し、
西郷の後ろで負荷がかかっていたのが爆発したと西郷下野前の廟議のシーンを語られた。鈴木さんは戊辰で死んだ者たちへの責任を語られる。
そして、根底にある優しさは捨てられなかったからこそ一蔵に任せて薩摩へ帰った。
とされた。

私は、西郷さんが再度政府を倒すという野望はなかったと思いますね。
鹿児島に残ろうとした大山巌を政府に必要な人材だとして追い返している。
また、良好な明治天皇との関係もあり、最期は遥拝して介錯された。
下野後は、「根底にある優しさ」を捨てず、余生を送りたかったと思いますね。

武士だけの利益を考えた時期もあったのでしょうが、「敬天愛人」となった。


私が見た順番だからではないですが、
西郷隆盛の勉強するなら、まず『西郷どん』から勧めますね。
「陽」で描いた「フィクション」でまず熱くなり、家族愛や同志愛に感動することが、
人間の持つ功罪に向き合う時、冷静になれるのだと思います。





segosp.jpg
NHKオンマインド 【無料】大河ドラマ「西郷どん」最終回直前スペシャル 「西郷どんと鈴木亮平の500日」







最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓



人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント(0) 

西郷どん (47)「敬天愛人」(最終回) [西郷どん]

(2018日)

前回、明治10年(1877)8月15日、宮崎県延岡での「和田越の決戦」で敗れ、
延岡市北川町俵野地区に逃れる。翌16日解軍となった。
西郷隆盛の妻イトは右足を負傷した菊次郎を看病した。


sego0.jpg

官軍に包囲されていたが、
17日夜、可愛岳に向かった。イトと菊次郎は見送った。


sego1.jpg

延岡を発って14日、450㎞、山岳部を突き進む。
9月1日、鹿児島県に到着。


sego2.jpg

一旦は「私学校」を占領するも、当然に、新たに官軍が投入され戦うこととなる。


sego6.jpg

城山で包囲されることととなった。


sego4.jpg

西郷従道が菊次郎とイト、熊吉を西郷宅に戻した。
そこに、琴の息子がいなかった。
宗助は城山に残った。宗五郎は熊本山鹿での戦死だった。


sego5.jpg

23日夜、城山では、村田新八のアコーディオンで乱舞となる。


sego7.jpg

その頃、内国勧業博覧会だった。大久保の長年の夢でもあった。


sego8.jpg

桂久武47歳。第15代藩主島津貴久の三男歳久の家系で一家は斉彬派だった。
「お由羅騒動」で次兄の赤山靭負は切腹。介錯が西郷隆盛の父吉兵衛だった。
斉彬の死で、大島に異動となり、そこで月照と自殺して生き残り、
幕府の目を逃れるため菊池源吾と名を改めた西郷と親交となったのでしょう。
元々、薩軍に入るつもりはなかったが、西郷さんと死ぬつもりだった。


segoa.jpg

桐野利秋、38歳。大警視の川路利良が「半次郎ー」と叫び、桐野は振り返った。
頭撃ち抜かれる。が、半次郎は笑ってみせた。
面白すぎでしょう。


segob.jpg

村田新八、40歳。政府に残れば総理大臣となっていた。
幕末の動乱の中、西郷さんと行動を共にし、久光に遠島処分とされ、
戊辰戦争で戦い、江戸城無血開城の交渉を後ろで見てもいた。明治でヨーロッパへ留学もした。
大久保が明治11年に暗殺されると予測できていれば、政府に残るべきだと判断したでしょう。


segoc.jpg

菊次郎、菊草、午次郎、酉三、寅太郎


segod.jpg
NHKオンマインド 西郷どん (47)「敬天愛人」(最終回)


明治11年(1878)5月14日、紀尾井坂で暗殺された。
手に持っている紙は、西郷吉之助と少年期に藩内の探検中に斉彬の秘密工場を見つけ、
口止め料としてカステラを貰った時の包んでいた紙だった。
そこに「Cangoxina」と書かれていた。
約40年、斉彬から吉之助、大久保と受け継がれていた。






最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。ポチッとお願いします。

  ↓ ↓


人気ブログランキング


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
コメント(0) 

あさイチ12/10 「鈴木亮平 生出演!最終回直前“西郷どん”スペシャル」 [西郷どん]

(2018日)

主役の鈴木さんの体重調整は素晴らしい限りでした。
シャレコウベのような激ヤセの写真を見たこともあったのですが、
明治期の貫禄に感心し、現在はモデルに戻られました。

明治期のセリフが少なくなり威圧感を出すにはどうしても太る必要があり、
熊吉を演じられた塚地さんを羨ましがられていたそうだ。
体重調整できないデブへの嫌味にも聞こえましたが、それはそれでした。


西郷さんは斉彬に従っていた時期から、大島での生活と移り、自分で考えるようになる。西郷さんの内面の変化と苦悩を理解するためにも、役者も必ず悩む時期が生ずる。
それを超えると自分と役の境が無くなるとのお話でした。


延岡にイトが訪ねたシーンを私は根拠のない作り話と思い込んでましたが、
延岡に伝わっていたことをこの番組で知りました。

どうやら児玉惣四郎宅で菊次郎を看病されていたようです。
THE LAST SAIGO というサイトで、西郷さんの孫にあたる「西郷吉之助」の証言ということも知り、
知らないことが多いことに感動できた日となりました。

この番組の9時台では、「中原尚雄」が登場し驚きでした。
「薩摩ことば指導」の田上晃吉さんでした。
泣きっぱなしだったそうです。

最終回前に偶然に「発見」して良かったです。




segosp.jpg

NHKオンマインド あさイチ12/10(8時台) 「鈴木亮平 生出演!最終回直前“西郷どん”スペシャル」
NHKオンマインド あさイチ12/10(9時台) 「おでかけLIVE 正月料理に欠かせない!日本一〇〇産地」




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (46)「西南戦争」 [西郷どん]

(2018日)

明治10年(1877)2月、西南戦争となる。

戦の推移と戦死した者たちを史実どおりに正確に描くことは難しいので、
玄人受けはしないのでしょうが、心に残る作り方だったと思います。


sego1.jpg


熊本城手前、川尻にて。
熊本鎮台は城下を自ら焼き払い、銃による守りを強化した。
賊軍となったことを知り、熊本城を通過することができなくなった。
東京へ尋問に向かうという目的は潰えた。


sego2.jpg

碁石を使っての軍議。


sego3.jpg

東京内務省


sego4.jpg

3月4日、篠原国幹。39歳。一番大隊長。
廃藩置県時の御親兵では陸軍大佐、その後、近衛局長、陸軍少将。


sego5.jpg

東京。西郷従道は薩軍として戦うと言い出すも、妻の清(きよ)が懇願する。


sego6.jpg

「西郷隆盛が末弟、西郷小兵衛、チェストー」
最後の言葉だった。2月27日。30歳。


sego7.jpg

勅使柳原前光が鹿児島を訪れた。ドラマでは、久光と有村俊斎が応対している。
柳原前光の妹が愛子で大正天皇の母。妻が宇和島藩主伊達宗城の娘。


sego8.jpg

菊次郎は、右足を負傷、切断となる。


sego9.jpg

木戸、「西郷君 ええかげんにせんか」
5月26日、43歳。


segoa.jpg

大山綱良、52歳。鹿児島県令だったが、薩軍に協力したことで、長崎で斬首。
寺田屋の件で先に逝った有馬新七と地獄で待ってると、
「俺が政府だ」と言った大久保へ叫んだ。


segob.jpg

陸軍卿代理の従道の命で政府が保護すると使いが来たが、追い払う家族たち。


segoc.jpg

8月16日、解軍とした。


segod.jpg

野戦病院にて。「母や弟たちのことを頼んだど」
死ぬつもりだった菊次郎に父は命令した。


segoe.jpg
NHKオンマインド 西郷どん (46)「西南戦争」


「 旦那さーが、西郷隆盛じゃなかったら、
  どんなによかったか。
  吉之助さーが、ただのお人じゃったら、
  どんなによかったか。」


桂久武に案内を頼み糸は戦場に入った。
こういうのは関係者の日記に記録がなかったからといって、
あり得ないことでもなく、会ったのやもしれません。
もし、そうであるなら、こういう会話がなされたのだと思いますね。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (45)「西郷立つ」 [西郷どん]

(2018日)

鹿児島の「私学校」には続々と士族が集まる。西郷を慕う者が多かった。


sego0.jpg

奥右 中原尚雄(潜入調査員)
手前、元庄内藩士 榊原正治(まさはる)伴兼之(ばんかねゆき)
庄内藩は江戸薩摩藩邸を焼き討ちし64名が死亡。
が、西郷は寛大な処置を取り藩を潰さなかった。


sego1.jpg

明治9年、廃刀令にて、大山綱良鹿児島県令に対する桐野。



sego3.jpg

桐野が中原尚雄を拷問にかけて白状させ、手にした文書。

「ボウズヲシサツセヨ」
「ボウズ」が西郷を指し、「シサツ」が刺殺か視察かが問題となる。

が、視察なら潜入調査開始から当然の日常業務であるので、
わざわざ文書としない。

キリスト教に改宗し聖書講義をしていた西郷だからこそ
電報を最小文字数で伝えるため「耶蘇坊主」から「ボウズ」としたのやもしれません。
そこに悪意も乗せているのは、川路だからでしょう。
(『西郷隆盛と聖書』 守部喜雅)



sego4a.jpg
桐野たち1000人規模で政府の弾薬庫から武器弾薬を奪った。


sego41.jpg

弟の小兵衛から聞き、西郷は「しまった」と呟いた。
私的な猟のため離れていたことを悔いたのやもしれません。


sego5.jpg

「敬天愛人」でしょう。



sego9.jpg

2月17日に西郷隆盛と菊次郎が出発した。
妹の琴の息子の宗助、宗五郎も出発した。
市来家の兄弟は諸説あるらしい。


segoa.jpg
NHKオンマインド 西郷どん (45)「西郷立つ」


西郷が立ったと知らせを受けた大久保は自ら鹿児島へ向かおうとするも
岩倉が引き留める。
殺されるのは見えていた。






最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (44)「士族たちの動乱」 [西郷どん]

(2018日)

明治6年(1873)11月、鹿児島に戻った西郷吉之助だったが、
西郷を慕い、次々と薩摩人が戻ってきた。
陸軍、近衛兵、警察などから600人の数に上ったという。


sego1.jpg

(別府晋介、桐野利秋、篠原国幹、辺見十郎太)
彼らは西郷を東京に引き戻そうと来た。
別府は、陸軍少佐、朝鮮の偵察をしたようだ。
桐野は陸軍少将、陸軍裁判所所長。
篠原は陸軍少将、近衛局長だった。
辺見は、篠原の下で近衛陸軍大尉、三国志の張飛のようらしい。


sego3.jpg

村田新八と川路利良が洋行から戻ってきた。
別々だったが帰国の時期が重なったのやもしれない。
川路は警察制度の整備にまい進する。


sego4.jpg

(大久保満寿、おゆう)
西郷の下野、強権政治と薩摩の大久保宅では住めなくなり、
東京で暮らすこととなる。
互いに「お世話になってます」と火花が走る。


sego5.jpg

明治7年(1874)2月、「佐賀の乱」
3月1日、逃げだした江藤新平は西郷に決起を促すも拒否され、
捨て台詞を吐き出ていった。


sego6.jpg

自宅に招いた青年のアコーディオン芸を楽しむ家族たち。


sego7.jpg

佐賀の乱から大久保が帰ってきて、今後について話し合う。
が、江藤を前近代的な晒し首にしたこと、木戸をはじめ引き気味だったが、
岩倉は笑っていた。
江藤の生首写真を回覧して笑ったのなら並の神経ではない。



sego8.jpg
NHKオンマインド 西郷どん (44)「士族たちの動乱」

西郷は鹿児島県令の大山綱良に頼み「私学校」を作った。
不平士族の学びの場で、篠原が銃隊学校、村田が砲隊学校を監督。
軍事や漢文を教え、午前9時から12時だったようだ。
吉野開墾社では昼に開墾、夜に勉強だった。


桐野利秋は、西郷に東京で政治を変えて欲しかったが断念した。
3度も説得しようとし失敗し、派手に立ち回って登場した。
「お世話になりもす」
桐野は深々と頭を下げた。




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (43)「さらば、東京」 [西郷どん]

(2018日)

明治6年(1873)10月14日、帰国後初の廟議だった。
西郷が岩倉に朝鮮派遣の件を説明しようとするや大久保が反対紛糾。


sego1.jpg

江藤が、大久保と岩倉の罷免を要求した。
岩倉は西郷の朝鮮派遣に同意し、大久保は激怒した。

廟議を終え、大久保は「話が違う」と岩倉を詰問。
「あの場は、そう収めるしかなかった」と返答し、大久保は辞職。
なら、「マロもやめる」と岩倉も辞めた。
この事態に三条は倒れた。


sego2.jpg

18日の廟議を三条は休み、西郷は見舞いに行く。
仮病ではなかった。

三条が倒れたことから、反対派の巻き返しは凄まじかった。
岩倉を三条の代理として明治天皇に西郷が死ぬことで戦争になる可能性を伝えた上で、以前の決定を覆した。


sego3.jpg

10月24日、西郷は辞表を提出、続いて、後藤、江藤、板垣も下野した。
大久保を睨みつける彼らだった。


sego4.jpg

大久保は、人事構想を岩倉に提出。内務卿大久保の下、
伊地知、黒田、寺島(薩摩)。
木戸、伊藤、山縣(長州)
大隈(肥前)
大久保一翁、勝(旧幕府)

土佐は抜けた。


sego5.jpg

岩倉の協力要請に木戸が怒って退出。
西郷下野後の抑えに木戸を当たらせたかったようだ。
「西郷君はそんな人じゃない」と去る。


sego6.jpg

隆盛は大久保の別宅に向かった。
最後だった。



sego7.jpg
NHKオンマインド 西郷どん (43)「さらば、東京」


25日朝、西郷は熊吉と鹿児島に戻る。
11月10日の帰着までどういう経路で2人が戻ったのか気になるところです。




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (42)「両雄激突」 [西郷どん]

(2018日)

sego1.jpg

菊次郎(11歳)と、市来宗介(隆盛の妹、琴の子、23歳)
明治5年(1872)2月28日、アメリカ留学に出発。


sego2.jpg


明治6年(1873)5月、井上馨、「尾去沢銅山事件」を追求され、大蔵大輔を辞職。
他人の銅山を権力を使って奪い所有者村井茂兵衛を失意の死に追い込んだ。


sego3.jpg

翌6月、岩倉使節団の副使だった大久保が先に帰国。
が、条約改正はならず、見学して帰ってきただけとのことで
江藤新平らは大久保を追い払った。

西郷らの「留守政府」は、徴兵令、学校教育制度、地租改正、製糸場、鉄道、太陽暦、裁判所と次々と成果を出していた。


sego5.jpg

9月13日、岩倉使節団帰国。長州の、木戸、伊藤、山縣、井上馨が、岩倉に泣きつき、
薩摩の大久保を使って「朝鮮問題」で政府を乗っ取ろうという飲み会。


sego6.jpg
NHKオンデマンド 西郷どん (42)「両雄激突」

10月14日、岩倉は大久保を参議に戻すが、大久保は既に決まっていた西郷の朝鮮派遣を潰しにかかった。西郷を冷ややかに睨みつけた。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (41)「新しき国へ」 [西郷どん]

(2018日)

sego1.jpg

明治4年(1871)11月12日、岩倉使節団が出発した。
岩倉は、西郷に、「何もするな」と言い残した。



segoa.jpg

薩長閥に不満を持つ人間たちは、できることはやりたかった。
山縣有朋を追求する、大隈重信、後藤象二郎、江藤新平。



sego2.jpg


山縣は、長州の同郷だった山城屋に約60万円と現在で100億以上の不正融資を行い、
飲み食いに使っていた。
司馬によれば女にだらしない伊藤を除けば長州は金に汚かったようだ。
大村を引き抜く際も約束していた100石を5年間与えなかった。



sego3.jpg

明治5年(1872)6月22日~7月2日、明治天皇の従者として西郷は帰郷した。
山岡鉄舟(西郷の横)は静岡にいたが西郷の勧めで村田新八らと共に宮中に出仕した。



sego4.jpg
NHKオンデマンド 西郷どん (41)「新しき国へ」


島津久光、洋装した立派な明治天皇に涙した。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 

西郷どん (40)「波乱の新政府」 [西郷どん]

(2018日)

明治4年(1871)7月14日、明治政府は、大久保主導で廃藩置県を断行する。
天子様をお守りするという名目で薩長土の御親兵8000を創設し、
倒幕の英雄西郷隆盛が指揮する。


sego1.jpg

武威と利、天皇命令で従わせた。


sego2.jpg
NHKオンデマンド 西郷どん (40)「波乱の新政府」

苦々しかったのでしょう。
第12代薩摩藩主 島津忠義(久光の嫡男) 




最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。お手数、誠に申し訳ございません。
クリック恐悦至極に御座います。
  ↓ ↓


人気ブログランキング
コメント(0) 
前の10件 | - 西郷どん ブログトップ