So-net無料ブログ作成
翔ぶが如く ブログトップ
前の10件 | -

翔ぶが如く 第1部第29回 維新成る (第1部最終回) [翔ぶが如く]

(1990日)

慶応4年(1868)3月14日、西郷と勝が江戸で2回目の交渉がなされた日、
京都では、五か条の御誓文が発布された。
長州の木戸孝允の積極的な運動で、15の天皇の誓約となった。


tob2.jpg

当時、御所にあった500両が新政府の事情で、戦の準備も大変だった。
桂が大村益次郎の投入を進言。
江戸では勝の苦肉の策だった治安に携わる彰義隊と官軍が衝突しており
西郷のメンツもあったが、大村を投入することになった。


tob3.jpg

会議で、大村がリードするも、薩摩の有村俊斎が猛反発。
大村は俊斎を軽く扱う。


tob4.jpg

(西郷吉之助、西郷小兵衛、勝海舟)

勝の留守に官軍が手入れに来たようだ。
江戸城明け渡し後、彰義隊も江戸の治安を担っていたが、
大村が彰義隊を切ったという意味だと勝は言った。

吉之助が天からの人物かもしれないと言った。
勝は、坂本竜馬が仕掛け人なら、大村は仕上げ人だと言う。


tob5.jpg

5月15日、上野戦争となり、官軍勝利を大村が導いたが、
吉之助が北越に行きたかったのを大村が却下した。
コケにされたと俊斎が抗議する。
大村は、西郷が行くまでに戦が終わるので無駄だとしたが、
俊斎の大村憎しは蓄積される。

後に、俊斎は、元長州藩士を焚きつけて大村の暗殺に成功する。



tob6.jpg

(西郷吉之助、小兵衛、信吾、吉次郎)

吉之助、藩主島津忠義と共に6月中旬、京都を発ち、鹿児島に帰省。
7月23日に北越薩摩軍の司令官となり、8月6日に鹿児島を春日丸で出航した。
が、到着時、長岡城は陥落するも、吉次郎が柏崎病院で8月14日死亡する。


tob7.jpg

(木戸孝允、吉井幸輔、伊地知正治、大久保一蔵)

7月に江戸が東京、9月に明治となる。
10月、天皇に供奉し江戸城に入った一蔵だったが、
木戸が、西郷が無断帰国したことを問いただした。
いちいち何かを言いたい男のようだった。


tob8.jpg

(西郷吉之助、寅太郎、菊次郎、いと)

大島から7歳の菊次郎が引き取られていたところを
明治元年(1868)11月、吉之助は戦から戻った。


toba.jpg

(島津久光、小松帯刀、大久保一蔵)

明治2年(1869)2月、勅使の柳原前光と共に大久保一蔵は鹿児島に入ったようだ。
版籍奉還の話で、小松は率先して領地を返上、久光を説得。

勅使は藩主忠義と会ったのでしょう。柳原前光は大正天皇の母愛子の兄。



tobd.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第29回 維新成る (第1部最終回)


吉之助は一蔵の新政府への誘いを断った。
戦が終わったが、戦死者が少ないとした。

生き残った者たちを抑える必要があった。
この段階での吉之助の問題意識だったが、この問題意識を持ち続けた。

そして、第2部となり、新政府に出仕することになる。


--------

順序が逆となりましたが、『翔ぶが如く』第1部第2部、完了いたしました。

昨年の大河ドラマは『西郷どん』で、はじめは見てませんでした。
どうせ、西郷隆盛の裏面は映像化しないので面白くないだろうと考えていたからです。

その1つが西郷隆盛がクリスチャンになったということで、なるほどなぁとは思っていたのですが、
1年前の↓の日記にある映像を視聴し、届いた『西郷隆盛と聖書』をスグに読み、
https://vbc-p.blog.so-net.ne.jp/2018-07-28

8月1日から『西郷どん』を第1話から視聴しはじめました。
8月25日から『翔ぶが如く』も第2部からはじめ、私の趣味としての大河が始まりました。

『西郷隆盛と聖書』が私にとっての大きなターニングポイントの1つでした。

視聴した感想は、もの凄く、面白かったということです。
本来、限られた時間と条件下で全ての事実を表現できる訳はないと割り切れば、
あらゆる人たちが、それぞれの仕事に熱量を注いでいる作品が、
もの凄く、尊いモノだと思えてきたのです。
両作品で何度も、涙いたしました。

私は西郷隆盛を尊敬するとは言いませんが、
今日の日本が、かろうじて存続しているのも、彼の決断があったればこそであり、
「ありがとう」と感謝するしかありません。

この1年間で西郷や大久保、幕末明治の書籍を10冊位は読みましたが、
映像の力は大きいですね。







-------
23:58に下書きした内容で、日をまたぎ午前1時ごろ、29日付で投稿いたします。


コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第28回 江戸開城 [翔ぶが如く]

(1990日)
 
慶応3年(1867)12月25日の江戸薩摩藩邸焼討事件は、
28日、大坂城の慶喜が知ることになる。
翌年、1月2日、旧幕府軍13000が、京都に向かった。


tob1.jpg

4500の兵を西郷吉之助がまとめていた。


tob2.jpg

(大山格之助、大久保一蔵)

公家の動揺を鎮めに向かった。


tob3.jpg

1月3日、鴨川上の小枝橋で、旧幕軍と薩軍が睨み合った。


tob4.jpg

(村田新八、伊地知正治、西郷小兵衛、西郷信吾)

勅命によって参内する慶喜の先遣隊だったが、
伊地知は旧幕軍を通そうとしなかった。

しびれを切らした幕軍が発砲し、戦闘が始まった。


tob5.jpg

御所にて土佐の前藩主山内容堂は、「戦に帝を巻き込む気か」と怒鳴ったが、
大久保は居直った。

「その通り、帝を擁しての戦である」

その頃、錦の御旗が掲げられ、幕軍の戦意は喪失する。


tob9.jpg

(徳川慶喜、板倉勝静、松平定敬、松平容保)

錦の御旗を掲げられたと知った慶喜は、1月6日、大坂城を脱出することを決断。

西郷吉之助に匹敵する者はいるか?
大久保一蔵に匹敵する者はいるか?

慶喜の叫びだった。


toba.jpg

翌7日、慶喜追討令となる。
三条実美が読む。


tobb.jpg

1月12日、江戸城浜御殿。勝海舟が呼び出された


tobc.jpg

慶喜は何とかならないか、頼んだ。


tobd.jpg

朝敵とは会わないと和宮に面会を拒否された慶喜は
天璋院へ和宮に朝敵を外してもらうようお願いできないかと頭を下げた。


tobe.jpg

天璋院の侍女幾島が、西郷を訪ねた。



tobf.jpg

3月14日、西郷吉之助、勝海舟との会談。


tobg.jpg

(大久保一蔵、桂小五郎)

西郷の寛大処置に反対を述べる桂。あくまで、慶喜を殺したかった。
元々は、岩倉が寛大だったのを西郷が強硬姿勢を通そうとしたが、
天璋院や和宮らの働きもあり、慶喜は謹慎で済むことになる。



tobh.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第28回 江戸開城

(幾島、西郷吉之助、天璋院篤姫)


江戸城が明け渡され、天璋院と姑の本寿院は、一橋家に向かった。
落飾して静寛院宮となった和宮と姑の実成院は田安家に移った。

幾島は、薩摩琵琶を奏でた。


「世の中はみな仏なり おしなべて いずれの物とわくぞはかなき」






コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第27回 王政復古 [翔ぶが如く]

(1990日)

慶応3年(1867)、10月14日に大政奉還が天皇に奏上。
翌15日に勅許となるも、物騒な世の中が続いており、
戦の準備は各藩で進められていた。


tob2.jpg

西郷吉之助の長弟吉二郎は、西郷家の人間を食わせるため
兄の分も含めて苦労してきたが、戦での功を望んだ。
11月13日の藩主忠義の3千の兵での上京に同行することとした。

先妻マスとの子に勇袈裟とミツを儲けたが、慶応元年にマスが他界。
後妻の園と共にマスの墓を参る。


tob3.jpg

(西郷吉之助、大久保一蔵、岩倉具視)

刀を差して変装して、岩倉は歩いた。
長州と芸州と合わせて慶喜を一気に倒す時と確認した。


tob7.jpg

(山内容堂、松平春嶽、徳川慶喜)

12月1日に吉之助と一蔵で、8日の決起を確認、
土佐藩元藩主の容堂が、薩摩の動きを慶喜に報告。
御所を守っている会津と桑名を外そうとする計画で、
慶喜も黙認した形になった。


tob8.jpg

岩倉が公家が動揺していることから
土佐から慶喜に計画が漏れたと分析し、岩倉も動揺した。 
しかし、大久保も西郷も岩倉の決意を固めさせた。


tob9.jpg

12月9日未明、薩摩兵が御所を奪った。


toba.jpg

(島津忠義、、松平春嶽、山内容堂)

春嶽と容堂は、岩倉から議定として慶喜も参加すると聞いていた。
当然に、午後4時の小御所会議では、慶喜の不参加が問題視される。
が、吉之助の「短刀一本あればすむ」という脅しで黙らせた。


tobb.jpg

薩摩の勝利となる。徳川の辞官納地、朝廷人事、三条の赦免など 
全てご裁可となった。


tobc.jpg

慶喜は、一触即発の状況に大坂城に移動。
12月16日、6か国の使臣と会い、外交権を確認する。


tobd.jpg

(前列 西郷小兵衛、西郷信吾、大山弥助)

大政奉還後の江戸では、薩摩藩士を名のる狼藉が横行。
12月25日、三田の薩摩藩邸が焼討される。
横浜へ銃を買いに行き江戸へ激励するよう吉之助に命じられた3人は、
顔も洗わずの上京となった。


tobe.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第27回 王政復古

(岩倉具視、大久保一蔵)

この混乱期、岩倉は幼帝をお守りする確認を怠らなかった。





コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第26回 討幕への道 [翔ぶが如く]

(1990日)

慶応2年(1866)6月、第2次長州征伐となるが、
長州では大村益次郎の指揮により、幕軍10万に対して5千で勝利する。
7月に将軍家茂が死去。慶喜は朝廷に休戦の勅命を出してもらった。
幕府の権威が落ちた。


tob3.jpg

駐日英公使パークスの通訳官アーネストサトウが、
慶喜が駐日仏公使ロッシュと図って兵庫開港のため
大坂城で各国公使を引見する準備中と西郷吉之助に伝え、
援助の申し出をしたが、西郷は断った。
国内のことは日本人で決着をつける、とのことだった。
サトウは、「危ない借りは作りたくない、と報告することにます」
西郷にウィンクし、西郷もウィンクする。


tob4.jpg

(島津久光 伊達宗城、徳川慶喜、松平春嶽)

慶応3年(1867)5月二条城に慶喜は集めたが、土佐は欠席した。
雄藩会議を慶喜が振り回す。
フランスの物品を見せびらかし、写真を撮った。


tob5.jpg

(西郷吉之助、小松帯刀、西郷信吾、大久保一蔵
    村田新八、大山弥助、西郷小兵衛)

慶喜の考えを知り、倒幕の覚悟をする。
吉之助は戦は自分が責任を持つとし、その後のことを考えるのは大久保に任せた


tob6.jpg

(大久保一蔵、小松帯刀、島津久光)

新政府は久光の御手のままで当然に会議の先頭に立って頂くと
一蔵は久光に夢を与えた。

久光は一蔵に「その方どもの思う通りに働け」とご満悦だった。


tob8.jpg

7月、慶喜は、列国の支持を集めるため大坂城に招いた。


tob9.jpg

9月、一蔵の工作により岩倉の謹慎が解かれた。
その祝いの席だったが、中山卿を使って幼帝をコントロールしようと企む。


10月13日、在京40藩の代表が二条城に集まった。
慶喜の大政奉還だった。同日の倒幕の密勅が無効となる。
その後、竜馬が薩摩藩邸を訪れ、新政府人事構想を西郷に渡した。


tobd.jpg

薩摩4長州3で土佐は後藤だけだった。西郷は驚く。
竜馬は、「世界の海援隊になる」と語った。


tobr.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第26回 討幕への道

11月15日、京都近江屋にて。
中岡慎太郎は2日間生き延び、詳細を語り他界した。

そして、司馬は大久保一蔵に語らせたのでしょう。

この国の混乱を収めるために、天が坂本竜馬を地上に送り、
その役目が終わった時、惜しげもなく天に召し返した。




コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第25回 薩長同盟 [翔ぶが如く]

(1990日)

慶応元年(1865)5月、駐日フランス公使ロッシュの裏工作で、
英米仏蘭が日本内乱不干渉と密貿易の禁止を取り決め、長州は事実上の経済封鎖となった。


tob1.jpg

(坂本竜馬、村田新八、西郷吉之助、大山巌)

9月、伏見薩摩藩邸。
竜馬は、南北戦争が終わり、武器弾薬が上海で余っている
それを長州に用立て、豊作の長州は薩摩へ米を用意するというビジネスを語る。

西郷は、大いに得心。
命を狙われている竜馬に対し、薩摩藩士と言ってよいと気遣う。

実際には閏5月に西郷が下関での桂小五郎との会談をすっぽかした1月後の
6月には西郷と竜馬で長州に武器を用意する話は合意できていたようだ。
 
 
tob2.jpg

(第14代将軍、徳川家茂)

9月に4か国が兵庫沖に停泊し開港を要求した。
長州撃破の責任を幕府に求めた
大坂城で慶喜は京へ行って長州再征討の勅許を貰ってくると家茂に言った。


tob5.jpg

伏見寺田屋にて、竜馬は、長州の桂が京や大坂に危険を承知で入るが、
前回、すっぽかして恥をかかせ、次も恥を重ねれば、桂は死ぬことになる、
と西郷に言い聞かせた。

また、薩長同盟が成立しなければ、この世に意味もなくなるので、
西郷と桂を殺し自分も自害すると西郷を脅した。


この頃、幕府が大坂の豪商への献金強制し、物価の高騰を招く。



tob7.jpg
 
慶応2年(1866)1月10日。
薩長の会談となる。桂が薩摩に受けた恥辱を言い聞かせ、西郷が頭を下げる。

この段階では竜馬は到着していないが、
1月20日に薩摩藩邸に到着。まだ成立していないのに業を煮やし、
桂の元にかけつけ、事情聴取。薩摩から話をするように説得。
翌、21日、成立となる。



tob8.jpg

23日、寺田屋で竜馬が伏見奉行に襲撃され、2人を殺し逃げた。
その後、薩摩藩邸で匿われ、船で薩摩へ向かった。
おりょうも連れていき、日本初の新婚旅行となった。



tob9.jpg

(大久保満寿子、おりょう、西郷イト)

3月、坂本夫妻は西郷家に世話になったようだ。
おりょうの夫だけが、畳の上で死ぬことができた。


toba.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第25回 薩長同盟


7月20日、大坂城にて家茂が薨御。
連絡を受けた和宮は、「天璋院様」と、慎ましやかに泣き崩れた。

奥に入る際の「天璋院へ」と15歳の少女の高飛車な態度など、
『翔ぶが如く』では本筋ではなく、弱弱しく描かれた。



コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第24回 新たな契り [翔ぶが如く]

(1990日)

元治2年(1865)1月15日、第1次長州征討から薩摩へ帰国した。


tob1.jpg

藩主に謁見した吉之助だったが、国父久光より薩摩兵の犠牲0で
事態を収めたことを褒められ、君命として嫁を貰うこととなった。


tob3.jpg

大久保夫妻が話をまとめ、岩山イトと結婚する。
イトは大島に吉之助の妻子がいること、いずれ2人の子を引き受けることを承知しているなど、
長いセリフを語り、涙する。
吉之助もイトの真心を受け心より喜んだ。


tob4.jpg

2月、一蔵は京に入った。2年前に関白を辞めた近衛忠煕と会う。
大宰府に蟄居させられた三条実美や長州藩主の毛利敬親を江戸へ呼びつけようと幕府は考えていることを知る。
幕府の権威の復活になるので大久保は勅命で反対するよう近衛に進言した。


tob5.jpg

3月に吉之助は京に入る。20日、竜馬は京都薩摩藩邸で大久保と知り合う。
貿易するので船が必要で、貸してくれとのことだった。
幕府は徳川家のために日本国を担保としフランスから武器を買っているとのことに
薩摩藩士一同驚く。
   
大久保は竜馬へ薩摩に来て説き伏せろと言った。


この月、慶喜は二条城に諸藩の代表を集めた。薩摩からは小松帯刀が向かった。
長州を再度討つとのことで、事態は動いていた。


tob7.jpg

4月末、長州再征討の反対で薩摩へ帰国する。
竜馬も乗船し、西郷家へ泊めてもらった。

久光は、長州再征討で出兵しないことを決めた。


tob7b.jpg

5月16日、第14代将軍家茂は、第二次長州征伐で3度目の上洛となった。
天璋院と和宮とは最後になった。


tob8.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第24回 新たな契り


閏5月、西郷は、薩長連合の協議で下関で桂小五郎と会うつもりだったが、
が、約束を反故にし京に向かった。
村田新八が謝るも桂の怒りは収まらない。
竜馬が軍艦と洋式銃の話をしようとするも、不機嫌だった。





コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第23回 竜馬と海舟 [翔ぶが如く]

(1990日)

前回、元治元年(1864)4月、久光と大久保は薩摩に帰った。
京都は西郷吉之助が任されることとなった。


tobu1.jpg

(村田新八、金太、西郷吉之助、新門辰五郎)

江戸の町火消『を組』の新門辰五郎と金太が薩摩藩定宿「鍵屋」に挨拶に来た。
辰五郎たちは一橋慶喜の京都暮らしの警護で来ていた。

6月5日に池田屋事件で御所焼き討ち計画を新選組が未然に防いだが、
この事件で長州藩士は激高した。

強硬派の久坂玄瑞、来島又兵衛が御所を襲撃することにした。


tobu3.jpg

7月19日、「禁門の変」となる。
薩摩からは吉之助が責任者として出陣したが、被弾する。


tobu4.jpg

その頃、薩摩の大久保一蔵は、新型銃の研究に勤しんでいた。
元込め銃に喜色する。


tobu5.jpg

(西郷吉之助、吉井幸輔、坂本竜馬)

8月中旬、坂本竜馬が訪ねてきた。勝海舟の紹介だった。
薩長が組むことを示唆し西郷の反応を探った。
この後、勝に西郷の印象を「少し叩けば少し響き、大きく叩けば大きく響く」と語る。


tobu7.jpg

9月11日、西郷は大阪へ勝を訪ねた。
勝は雄藩同盟(薩摩・土佐・伊予宇和島・越前)が京に兵を出し、 
横浜と長崎で交易を行い、外交権と軍事権を幕府から奪わなければ日本は滅ぶとした。

西郷は、目が覚める。
これまで、幕府を倒すということは考えてなかったが、
勝との会談は斉彬に次ぐ第二の開眼だったようだ。


tobu8.jpg

(村田新八、西郷吉之助、吉井幸輔)

長州征伐の征長総督は尾張藩の前々藩主の徳川慶勝だったが
西郷は参謀格となり、交渉で戦を終わらそうと敵地へ乗り込んだ。
実際は、薩摩から税所篤と吉井幸輔、尾張藩から若井鍬吉が同行した。


tobu9.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第23回 竜馬と海舟


長州征伐での吉之助の働きを竜馬は勝に伝えた。
勝は11月10日に軍艦奉行を罷免され、神戸の海軍操練所も閉鎖となることとなった。
龍馬は西郷の言があったので薩摩藩邸を頼ることを伝えた。

勝は竜馬に財布丸ごと投げ渡した。
     




コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第22回 燃える思い 吉之助召還 [翔ぶが如く]

(1990日)

前回、元治元年(1864)2月15日の参与会議の翌日の中川宮邸での酒宴で、
一橋慶喜が暴言を吐き、参与会議を崩壊させた。
「横浜鎖港問題」で、薩摩主導の開国が許せず攘夷を慶喜と松平容保が主張。
薩摩の島津久光が骨を折った参与会議だったが、これで潰れる。


tobu1.jpg

(松平定敬、松平容保、一橋慶喜)
定敬は桑名藩主で京都所司代。会津藩主の容保は兄弟で京都守護職。
参与会議崩壊で、幕末京都で一会桑政権となった。


tobu2.jpg

(小松帯刀、大久保一蔵、伊地知正治)

薩摩藩が外された局面において、
伊地知が沖永良部島にいる西郷吉之助の召喚運動を始めた。


tobu4.jpg

(吉井幸輔、村田新八、西郷信吾、西郷吉之助)

吉井と信吾が沖永良部まで迎えに行った。2月21日に到着。
召喚状は無かったが、喜界島に寄り村田新八を乗せる。
鹿児島に28日に到着し、斉彬の墓参。3月14日に京都に到着する。



tobu5.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第22回 燃える思い 吉之助召還


久光に謁見した吉之助は、神妙に振舞った。
軍賦役を命ぜられた。

4月17日に久光と大久保は薩摩に帰った。
吉之助は京都で、軍賦役兼諸藩応接掛となり、任された。

西郷を嫌っていた久光だったが、狭量な無能ではなかった。





コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第21回 慶喜の裏切り [翔ぶが如く]

(1990日)

文久3年(1863)6月27日に英国艦隊は鹿児島湾に入り、
7月1日に交渉決裂。2日、3隻の汽船が奪われることとなる。


tob1.jpg

大久保一蔵が指揮し砲撃を開始した。
が、英軍のアームストロング砲の威力は凄まじく、
薩軍の砲台は炎上し、城下の1割が灰となった。


tob2.jpg

薩摩軍の砲台が破壊されるが、
大久保は黒く塗った長樽を砲台と見せかけて「配備」した。
英国艦隊の死傷者の方が多く、艦隊は撤退を決断。両者痛み分けとなった。


tob3.jpg

久光は、1里の距離を出す英軍の砲弾に驚く。
小松帯刀は、これまでの攘夷を「小攘夷」とし、これからは外国に学んで軍備を充実させる真の攘夷が必要で、「大攘夷」を久光に説いた。


tob4.jpg

8月18日の政変。薩摩は会津と組んで長州を追い出した。
三条実美ら7人の公家の都落ちだった。


tob5.jpg

喜界島には村田新八が流刑の身だったが、吉之助と文通をしていた。


tob6.jpg

10月20日に江戸に入った大久保。老中の板倉勝静と交渉。
諸外国に日本の武士の強さを示したと功績として強調。
板倉は、「生麦事件の報復だろ」と無視したが、
大久保は、「長州藩を追い出したことで、幕府を朝敵にさせなかった」
と恩着せがましく語り、板倉に「2万5千ポンド貸してくれ」と切り出した。

板倉は拒否したが、同行した吉井が、ダメな場合はイギリス公使を斬って切腹すると板倉を恫喝した。


tob7.jpg

(有村俊斎、大久保一蔵、小松帯刀、島津久光、大山格之助、伊地知正治、樺山三円)

元治元年(1864)正月。政治の中心が京都に移る。
将軍後見職の一橋慶喜と雄藩大名で参与会議が行われることとなった。
久光は上機嫌だった。従四位の官位と朝議参与の任命を得たためだった。
この酒宴は盛り上がった。



tob8.jpg

その頃、吉之助は、子どもたちに勉学を教えていた。



tob9.jpg

京での一橋邸が仮に設けられたが、警備を水戸徳川家から借りず、
町火消「を組」の新門辰五郎に200名集めさせた。彼らは喜んだ。

慶喜は参与会議前に松平容保と会い攘夷を方針とするとした。
さすがに容保も今になって攘夷はないと思ったが、
薩摩主導での会議を壊すための手段としての「攘夷」だと慶喜は説明。
容保としては慶喜に与すしかなかった。


toba.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第21回 慶喜の裏切り


2月15日に参与会議が行われ、翌日、中川宮が自邸にメンバーを招く。

薩摩藩国父の久光、越前の松平春嶽、土佐の山内容堂
宇和島の伊達宗城、会津の松平容保、幕府から一橋慶喜だった。

ここで慶喜が悪態をつきまくった。
場はしらけ、久光は憤慨するも、それが慶喜の狙いだった。

とても26歳の青年のすることと思えない「悪い奴」だった。






コメント(0) 

翔ぶが如く 第1部第20回 薩英戦争前夜 [翔ぶが如く]

(1990日)

文久2年(1862)、生麦事件の後、京に入った薩摩の一行は、
朝廷を長州が占拠するのに舌打ちする。
閏8月23日、久光らは薩摩に帰ることにした。


tob1.jpg

9月頃、大久保は、西郷邸を訪ねた。
謹慎中の信吾は、下僕に「知らん人間に茶なぞ出すな」と言った。
寺田屋事件で相反する立場となり、大久保は久光の信頼を得るようになった。


tob2.jpg

久光は、長州が攘夷の決行を幕府にせまろうとしていると知り、
一蔵を御用取次見習とし、「京へ行き、近衛公に将軍上洛反対を説け」と命じた。


tob3.jpg

(三条実美 姉小路公知)

攘夷督促の勅書を江戸城の第14代将軍徳川家茂に渡した。
「勅書への返事に、早々に上洛するように」
と命じた。


tob4.jpg

12月9日、薩摩を発ち京に向かった大久保は、関白の近衛忠煕を訪ねた。
慶喜が後見で春嶽が政事総裁職なのに、
将軍上洛はおかしな要求だと説明。朝議を開いて阻止してほしいと頼んだ。

が、朝議は久光ら薩摩が帰った後、長州や土佐の連中と連携する若い公家で勝手に朝議が進められる事態へと悪化していた。


tob5.jpg

(岩倉邸)

長州が京で幅をきかし、逆らえば天誅になると、岩倉具視が愚痴る。


tob6.jpg

(西郷吉之助、土持政照、川口雪篷)

沖永良部島で牢に入ることになった。
が、久光の命令書に「囲」に入れろとは書いていたが、「牢」ではなかったので、
環境の良い小屋の方に移動させようと、土持と雪篷が勧めた。
が、吉之助は意地になって「天命に従う」と土持の案を小細工だと拒否した。
しかし、雪篷が「天命に従う」ことは藩命に従うことではない、
生麦事件の後の始末で吉之助の役割もでてくる、それが天命だと、トクトクと厳しく叱った。
吉之助は恥じ入り、新しい「囲」に入れて欲しいと頭を下げた。


tob7.jpg

久光上京の際、大久保は留守居とする。
藩主のお側役小納戸頭取兼務となり、最高幹部となった。
戦の準備のためだった。34歳 


tob8.jpg

(三条実美、近衛忠煕、姉小路公知)

将軍上洛にあたり先立って、一橋慶喜と板倉勝静が折衝に訪れた。
慶喜は、攘夷の日を5月10日を承知するも、討ち死にすると堂々と述べた。


tob9.jpg

5月10日、長州藩は馬関海峡を通る外国船を砲撃した。
アメリカ・オランダ・フランスの艦船だった。


toba.jpg

生麦事件の報復に英軍艦隊が6月28日、鹿児島湾に入った。
29日、有村俊斎や大山格之助、西郷信吾、大山巌らは、
スイカ売りに化けて船を乗っ取ろうとした。乗船に成功はした。


tobb.jpg
NHKオンマインド 翔ぶが如く 第1部第20回 薩英戦争前夜


(島津久光 藩主島津忠義  小松帯刀 
  大久保一蔵、伊地知正治)

生麦事件の解決に2万5000ポンドと犯人を差し出せとの要求に、薩摩は拒否。
7月1日、交渉は決裂した。

西郷の親友の伊地知正治も加わっていた。
片目片足が不自由だったが、軍略家として大きな功績を残したようだ。
安政6年(1859)正月2日、安政の大獄の時代、月照と入水後に大島へ向かう吉之助を
港まで見送っている大久保のシーンはフィクションで、実は伊地知だった。
大久保の手紙を預かって吉之助へ渡している。
誠忠組を継いだ大久保はキレ者だったが、親友は伊地知正治や吉井友実だったのでしょう。


tobd.jpg



コメント(0) 
前の10件 | - 翔ぶが如く ブログトップ