So-net無料ブログ作成
徳川慶喜 ブログトップ
前の10件 | -

徳川慶喜 第19回 父の死 [徳川慶喜]

(1998日)

安政7年(1860)3月3日、桜田門外にて井伊直弼は首を切られた。


ynob1.jpg

その日、老中が集まり、右端の脇坂(佐々木功)が仕切った。
斬奸趣意書が脇坂宅に届けられた。
井伊の罪を挙げ、幕府には他意はないとした。
この趣意書は全員が懐中に所持していた。

彦根藩の水戸藩への戦闘が始まるを恐れ、幕府は「軽傷」にした。
実際は「重症だが生存」ということにしたようだ。

跡継ぎを決めずに藩主が横死した場合に家名断絶となることもあり、
この措置は彦根藩にとってもありがたかった。


ynob2.jpg


その日、一橋家では「悲しげに暮らそう」と確認し、笑う。


ynob3.jpg

翌4日、水戸の斉昭は、永原を呼び詳細を聞いた。
江戸にいる藩主の慶篤と、一橋の慶喜への手紙を託した。

その後、斉昭の妻吉子から斉昭亡き後に、杖となってくれと頼まれた。
医者によれば、精神だけで生きている状態だった。


ynob5.jpg

幕府は井伊直弼を失い、新方針を立てれず、
そのまま直弼の公武一和方針に従い、和宮降嫁の話をすすめた。
生母の観行院は関白九条尚忠に激怒する。



ynob6.jpg

万延元年(1860)8月15日、満月だった。


ynob7.jpg

その日、水戸の斉昭は初めて満月を楽しんだ。
満60だった。


ynob8.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第19回 父の死


翌日、江戸の慶喜は斉昭からの手紙を受け取った。

「牛乳を飲め」

とのことだった。
慶喜は父の愛に涙した。





コメント(0) 

徳川慶喜 第18回 桜田門外の変 [徳川慶喜]

(1998日)

安政5年(1858)7月、井伊直弼は、条約調印で文句を言ってきた連中を処分した。

徳川中納言斉昭、謹慎。松平越前守慶永、隠居謹慎。
徳川大納言慶勝、隠居謹慎。徳川中納言慶篤、登城停止。
徳川刑部卿慶喜、登場停止。


ynob1.jpg

この段階では、慶喜もまだ、心に余裕があり、
『町娘、恋の春雨』を読む。


ynob2.jpg

安政6年(1859)一橋家家老の土岐朝義が倒れた。
藩主の慶篤を変えようとする動きもあり、気をつけてください、
とのことだった。

が、この年、慶喜に隠居謹慎処分が下った。
慶喜の場合は登城日でのクレームで不時登城ではなかったが、
問答無用、井伊に容赦はなかった。


ynob6.jpg

水戸藩は狙われた。父、斉昭は永蟄居で水戸へ帰国。
家老の安島帯刀が切腹、京都留守居役だった鵜飼親子、
他、平岡円四郎が御役御免など、容赦なかった。
他藩や朝廷を含めれば100名以上となり、
さすがに、慶喜は己の無力に取り乱した。


ynob6aa.jpg

(高橋多一郎、金子孫二郎、関鉄之介、有村次左衛門)

有村は薩摩だったが、他は水戸で、暗殺計画を練った。


ynob6a.jpg

安政7年(1860)3月3日、桜田門外。


ynob6b.jpg

井伊直弼は、水戸藩士が20名脱藩したことを事前に知っていた。
警護を増やすよう老中から進言があったが、恥とし拒否していた。
堂々と刺される。


ynob7.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第18回 桜田門外の変


その日、慶喜は、報告を受けた。





コメント(0) 

徳川慶喜 第17回 安政の大獄 [徳川慶喜]

(1998日)

安政5年(1858)4月に井伊直弼が大老に就任、直弼は勅許が欲しかったが、
条約調印が早々と部下が調印した。

が、怒りは直弼に集中。徳川斉昭や慶喜、徳川慶勝、慶永などが抗議に来ると、
無断登城を理由に隠居や謹慎を命じたことから安政の大獄が始まった。
この初期の処分は第13代将軍徳川家定の命で行われたが、むろん直弼初だった。


ynob5.jpg

が、家定が死去。10月25日に第14代将軍となった紀州藩の慶福は家茂と改めた。


ynob6.jpg

(水戸・高橋多一郎、薩摩・有村次左衛門)

次々と捕まっていき、直弼暗殺計画が図られるようになった。
水戸からは20名、薩摩からは10名だせるとのことだった。


ynob7.jpg

師走となったが、慶喜は、己の無力に、節分を早めることにし、
「鬼 は そ と ♪」

と、直弼を頭に置きながら、一橋邸内で何度も矢を放った。



ynob9.jpg

(老中・間部詮勝 関白・九条尚忠)

条約勅許が下りた。幕府の関係者への処分が多く、孝明天皇が涙で決断された。
尚忠は親幕府だったが、間部に、捕縛された者たちを釈放するよう求めた。



ynoba.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第17回 安政の大獄


が、井伊直弼は、間部を生ぬるいとした。
井伊直弼にとっては、勅許を得ようが、罪は罪だった。




コメント(0) 

徳川慶喜 第16回 大獄のはじまり [徳川慶喜]

(1998日)

安政5年(1858)8月、密勅が発せられた。

ynob1.jpg

(老中・間部詮勝  大老・井伊直弼)
   
 九条関白を通さない勅諚の背景を分析する。
鷹司輔煕・近衛忠煕・中川宮・正親町三条の陰謀とした
背後に水戸の老人・徳川斉昭が公家を煽ったとする。

井伊は、間部に天子様に会って条約調印の事情を説明し
この世を乱す者を取り締まるよう命じた。

井伊の願いは公武合体とし、
慶福(家茂)が将軍となれば、和宮を御台所に迎えるとした。


ynob2.jpg

斉昭は勅諚が藩主の慶篤に渡ったことを知る。
慶篤が勅諚の扱いに悩んでいると聞くが、
側近が幕府側なので、斉昭の言うことは素直に聞かなくなっていた。


ynob3.jpg

その頃、慶喜の配下だった新三郎がみよと駆け落ちし江戸を離れて暮らしていた。


ynob4.jpg

新三郎の妻が、ようやく探し出し、夫が幸せそうなのを知り、
夜中に侵入し、子どもを自宅まで連れてきた。


ynob5.jpg

老中の間部は京都所司代酒井忠義に、命じた。


ynob6.jpg

前関白の鷹司政通邸、妻が徳川斉昭の姉。息子の輔煕は右大臣

そこへ、水戸藩京都留守居役の鵜飼吉左衛門と息子が捕らえられたと知らせがあった。
父が病気で密勅を受け取ったのが京都留守居役助役の幸吉だった。


ynob7.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第16回 大獄のはじまり


鵜飼吉左衛門への拷問が始まった。
杉さまに容赦はなかった。



コメント(0) 

徳川慶喜 第15回 密勅 [徳川慶喜]

(1998日)

安政5年(1858)7月5日、幕府は、押しかけ登城した者たちの処分を発表した。


ynob1.jpg

(久世広周、井伊直弼)

 7月6日の幕閣会議。10日にオランダ、11日にロシア、18日に英国との調印を控えていたフランスは9月3日となる。

 「ロシアとの国境画定は択捉島と得撫島で線引きしました。」
と久世が答え、
 第13代将軍家定の死を隠すことを直弼は閣議で確認。

 「公家に出入りする侍を見逃すな」とも念の入りようだった。
 

ynob2.jpg

(関白九条尚忠 権中納言三条実愛 権大納言中山忠能)

 井伊直弼が無断調印したが、九条は、調印しなければ戦となる事情もあったのだと幕府側に理解を示し、批判に晒された。


ynob4.jpg

(前関白鷹司政通、鷹司輔煕、鵜飼吉左衛門)

 水戸藩京都留守居役の鵜飼から江戸情勢を聞いていた。
そこへ嫡男輔煕が近衛忠煕邸から帰ってきた。
10日前の7月26日に島津斉彬が亡くなったと知る。
  
薩摩兵の上京が無くなり、勅で水戸藩に激を飛ばそうということになる。


ynob5a.jpg

本来のルートは、

 天皇→関白→武家伝奏→禁裏付→京都所司代→老中→将軍

だったが、

 天皇→武家伝奏→水戸藩京都留守居役→水戸藩

と、関白が預かり知らない密勅が、水戸藩に渡った。
井伊直弼は、間部に水戸藩に届いた勅諚を返納させろと強く命じた。


ynob6.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第15回 密勅


ハリスは、仏公使ジャン・グローに
通訳のヒュースケンを貸してやることにした。

京都留守居役の鵜飼にしろ、関白鷹司政通の子の輔煕にしろ、
覚えなくてもいい名前のようだが、安政の大獄で処分を受ける者たちなので、
このドラマでは念入りにテロップにしているのでしょう。

幕末大河の通のお勧めに『花神』『翔ぶが如く』『徳川慶喜』がありましたが、
どうでもいいフィクションが多いが、しっかり作られているというのに納得ですね。




コメント(0) 

徳川慶喜 第14回 押しかけ登城 [徳川慶喜]

(1998日)

安政5年(1858)6月19日、日米修好通商条約が調印となった。
全権の岩瀬や井上が「あっさり」決めてしまったので、
大老の井伊直弼は失意と怒りであったのだろうが、杉さまは顔に出さない。


ynob1.jpg


6月23日、慶喜が登城し、直弼を責め立てた。
東海道と中山道の2経路で朝廷に直弼は文書で報告した。
慶喜は勅許無しの調印でしかも、「宿継奉書」という手段での事後報告を責めたが、
直弼は、素早い報告で次に老中に行かせるとした。
また、将軍継嗣で紀伊の幼い慶福となることを伝え、この場で慶喜の祝意を引き出した。
慶喜から将軍となる意思は無いと自ら語らせることに成功した直弼は、
「才はあるが、お若い」と半笑いを浮かべる。


ynob3.jpg

(太田資始、間部詮勝、松平乗全)

直弼は、23日、堀田正睦と松平忠固を罷免し、3人を老中とした。
堀田は一橋派を排除するという分脈だが理由を無断勅許としたようだ。
松平忠固は南紀派(または中立)だったが、会議を調印にリードした主犯だった。
が、忠固の排除は一橋派の越前藩主松平慶永にもわざわざ出向き伝えていたようだ。
安政の大獄の始まりだった。


ynob4.jpg

(尾張藩主徳川喜勝 徳川斉昭 水戸藩主徳川慶篤)

翌24日、譜代の井伊直弼とすれば、親藩の連中が口出ししにきた。


ynob6.jpg

(越前福井藩主松平慶永)

慶永は御三卿田安家出身だったが、福井藩の養子となったため
御三家とは格下扱いで別室での待機となった。


ynob7.jpg

直弼は、徳川3人衆を昼飯抜きで待たせ、会うことにする。
神妙な態度で軽くあしらった。さすが杉良太郎と言わざるを得ない。


ynob7b.jpg

久世広周は、松平慶永の応対だった。
私にとっては、水戸黄門の熱い格さんだったので、クールな久世に苦笑する。


ynob8.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第14回 押しかけ登城

左  脇坂安宅、内藤信親、太田資始、
中央 井伊直弼
右  松平乗全、間部詮勝、久世広周


押しかけ登城した連中の処罰を直弼は閣議で一方的に伝えた。


徳川斉昭、謹慎。
徳川慶篤、登城停止。
徳川慶喜、登場停止。
徳川慶勝、隠居謹慎。
松平慶永、隠居謹慎。


井伊直弼、この時に、すでに覚悟はしていたのでしょう。





コメント(0) 

徳川慶喜 第13回 幕府の権威 [徳川慶喜]

(1998日)

前回、安政5年(1858)4月23日、井伊直弼は大老に就任した。


ynob1.jpg

就任挨拶
「大事なのは私見にあらず、大事なのは我が国の命運でござる」


ynob2.jpg

堀田邸で、ハリスに通商条約調印の3か月の再延期を申し出る。
井上清直と岩瀬忠震の2人はこの時期行動を共にし同席していた。
ハリスとヒュースケンは来日して約2年となりウンザリだった。



ynob4.jpg

米国海軍ミシシッピー号が来航。
ハリスは英仏艦隊が間もなく来ると知らされ、「勝った」と喜んだ。


ynob5a.jpg

(久世広周、堀田正睦)

堀田はハリスが英仏艦隊が来るから早く調印を求めているのに同意したが、
久世は、交渉のための嘘かもしれないとした。
が、堀田は、キリシタンなので嘘はつかないだろうと反論。
久世は、堀田は蘭学に通じていると認めつつも、諸大名の意見を聞いて結論を出すべし、とした。



ynob5c.jpg

(松平忠固、内藤信親、堀田正睦)

内藤は、 諸大名の意見を集め朝廷にお伺いを立てるべしとした。
井伊直弼は、岩瀬と井上の2人に探らせることにする。


ynob6.jpg

米国海軍ポーハタン号にて
「英仏が来てから条約を結ぶより、米国と結んで友好国となる方がよい」
ハリスは日本を好意的に語った。

ハリスの病気に対し通訳のヘンリーヒュースケンが看護婦を頼んだが、
日本側は意味が分からず芸者を送った。唐人お吉という名だった。
が、後に外国人と関わったということで蔑視され苦労の末自殺することになった。
   

ynob7.jpg

6月19日の会議にて、
「万に止むを得ない場合は、どうすればよろしいのでしょうか」
岩瀬が聞いたのに対し、「その時は、仕方あるまい」と井伊は言ってしまった。


ynob8.jpg

即日、ポーハタン号にて調印となる。ハリスは礼砲を響かせた。



ynob9.jpg

NHKオンマインド 徳川慶喜 第13回 幕府の権威

左、久世広周、脇坂安宅(佐々木功)、堀田正睦
中央、井伊直弼
右、松平忠固、内藤信親


ドラマの直弼は堂々としているが、内心では、2人に対し
「即行、調印しやがって。努力したのかよ」
と激怒だったのでしょう。

実際は、井上が「もし交渉が行き詰まった場合には、調印しても構いませぬか」
と聞いたのに対し、
「その際はやむを得ぬが、しかしそうならぬよう、調印をできるだけ引き延ばすよう努めよ」
と直弼は、引き延ばす方を望んでいた。

彦根藩邸で、宇津木景福に「無念の極み」と語っていたそうだ。

彦根藩井伊家文書の中の木俣家伝来「公用方秘録」だそうです。



コメント(0) 

徳川慶喜 第12回 日米通商条約 [徳川慶喜]

(1998日)

安政3年(1856)7月にハリスは下田に来航し、翌年5月に下田協定となる。
そして7月、アメリカ軍艦一隻が来たことにより、
幕府は、引き延ばしていたハリスの江戸出府と将軍謁見を許可した。


ynob1.jpg


幕府の譲歩に怒る幕政参与を終えた徳川斉昭は息子の慶喜に、
「何か手を打て、ワシはスデに手を打った」
と期待する。


ynob2.jpg

太閤となった義兄の鷹司政通に水戸藩京都留守居役から手紙を渡した。
斉昭は、以前は開国止む無しのは承知していたが攘夷を強く主張した。
「出来る限り良い形で国を開くため急がず慎重に」ということで、
朝廷より「条約時期尚早」と言って欲しいとのことだった。

また、「次期将軍は12歳の慶福ではなく21歳の慶喜に」とのことに、
鷹司政通は無論、同意する。


ynob3.jpg

10月21日、ハリスは13代将軍家定に謁見した。


ynob4.jpg

(岩瀬 井上 堀田 川路)

老中首座の堀田宅にまずは集まった。
「江戸に領事」「民間人に自由に貿易」「港を増やせ」
とのハリスの要求に、岩瀬と井上が交渉役となる。


ynob5.jpg

堀田が一橋邸を訪れ、斉昭の建白書を無かったことにしたいと慶喜に見せた。
蝦夷地の開拓で予算100万両、罪人や次男三男を使うことを書いていたようだ。

ドラマでは触れられていないが、斉昭の計画では、
先住民の男性を労役にし女性には本土の子をうませ、
子は公共施設で共同で育てることまで考えていたようだ。



ynob6.jpg

(井上、岩瀬)

安政5年(1858)となる。この期に及んで、条約締結にあたり、
2か月待って朝廷に老中が行って説明するとの幕府側の説明にハリスがキレる。


ynob7.jpg

慶喜は、斉昭に2度と京都と文通しないことを約束する書面を求めた。
堀田へ提出して、京都で攘夷感情を煽った斉昭の責任問題を終わらせるためだった。
斉昭は同意せざるを得なかった。


ynob8.jpg

京都では、岩瀬が太閤・鷹司政通と関白・九条尚忠にご説明に上がり
朝廷に3万、太閤に2千両、関白に5千両を約束した。
が、岩倉具視らが条約勅許に反対し立ち上がった。


ynob9.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第12回 日米通商条約



堀田ら江戸へ手ぶらで帰って対策会議となる。
岩瀬は全権を辞めると言うなど、荒れた会議の中、
板倉が大老に井伊直弼が決まった、と報告してきた。
老中首座の堀田は寝耳に水だった。






最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。ポチッとお願いします。

  ↓ ↓



コメント(0) 

徳川慶喜 第11回 台風の目 [徳川慶喜]

(1998日)

慶喜の側近だった新三郎が愛人みよと逃げたが、それを手伝ったのが新門辰五郎だった。


ynob1.jpg

辰五郎は、一橋家を訪ね、慶喜に詫び腹を切ろうとした。


ynob2.jpg

安政3年(1856)7月21日、ハリスが来航したが、
ハリスは日米和親条約を根拠に領事として日本に滞在するつもりだった。
が、条文解釈の違いだったが、幕府はハリスに押され玉泉寺を仮の宿として用意した。
が、ハリスは8月6日に星条旗を掲げ領事館とした。


ynob3.jpg

下田奉行の井上清直が交渉に当たっていた。


ynob5.jpg

(目付・岩瀬忠震 勘定奉行・川路聖謨)

岩瀬も川路も開国に積極的だったが、老中首座の堀田が勅許を理由として慎重だった。
牧野が、ハリスの将軍家定へのお目通りの要求を婚礼の儀が長引くと
理由を付けて引き延ばすことを提案する。



ynob6.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第11回 台風の目


11月、薩摩藩主島津斉彬の養女篤姫は家定の正室となった。
正確には近衛忠煕の養女となった時点で篤君と呼ばなければならないそうだ。
が、さすがに主役が違うので、このシーンのみだった。





最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。ポチッとお願いします。

  ↓ ↓



コメント(0) 

徳川慶喜 第10回 抗争のはじまり [徳川慶喜]

(1998日)

前回までは、架空ネタが多く楽だったのですが、今回、急に政治色が濃くなる。

安政3年(1856)、水戸藩藩主徳川慶篤と前藩主斉昭に毒が盛られるという事件が起きた。
幸い、2人の命には至らなかった。


ynob1.jpg


藩主慶篤は、弟の慶喜を水戸藩小石川上屋敷に呼び、
毒殺の犯人は「天狗」の連中で、父斉昭の意向、と言った。

慶喜は否定したが、慶篤の疑いは固かった。
幕政参与になった斉昭だったが、老中首座の堀田を「異国の手先」と罵り、
登城停止となり、その腹いせに親幕府の藩士を排除していたからだった。


ynob2.jpg

慶喜は、駒込中屋敷にいる斉昭を訪ねた。

毒を盛る指図をした犯人は谷田部兄弟で高松藩に身をよせていた。結城虎寿が黒幕だった。
高松藩は水戸藩の支藩で藩主の松平頼胤を慶篤後の水戸藩主にし実権を得るという暗殺理由があった。
また、将軍継嗣問題で、「一橋派」と将軍家定正室の縁組を阻止する目的もあり、
老中首座の堀田と彦根藩主の井伊直弼との「南紀派」に連携して親幕派だった結城虎寿が藩主父子の暗殺を企んだと、斉昭は分析した。



ynob3.jpg

その頃、京都では、関白・鷹司政通が公家での事情通だった。
攘夷が本意ではあるが、通商も現実だとした。
妻が斉昭の姉清子で、斉昭は手紙で「次期将軍を慶喜に」と伝えてもいた。


ynob4.jpg

左大臣の九条尚忠は、娘が孝明天皇の女御で、鷹司政通から幸経を養子に迎えていた。

 
ynob6.jpg

九条家に所司代から斉昭と慶篤に毒が盛られたと聞いた幸経が実父母に知らせに来た。


ynob5.jpg

鷹司政通と斉昭の姉清子は安堵する。



ynob8.jpg

7月21日、ハリスが日本に到着。



ynob9.jpg
NHKオンマインド 徳川慶喜 第10回 抗争のはじまり

が、外国人が、駐日公使として日本に居住することなぞ、条約では定めていなかった。
対策会議となる。


不完全情報ゲームで、先の読めないことばかりだった。
外国との駆け引き以前に、この時代の寿命が与える影響も大きい。
翌年の阿部正弘、1858年の将軍家定や島津斉彬の死は予測しえなかった。

都合の良い推測や願望で対処できない時代に160年も前から入っていた。






最後まで読んで頂きありがとうございます。
押して下さると、励みになります。
クリックお願い申し上げ奉ります。


  ↓ ↓


人気ブログランキング



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
コメント(0) 
前の10件 | - 徳川慶喜 ブログトップ