So-net無料ブログ作成
いだてん ブログトップ
前の10件 | -

いだてん~東京オリムピック噺~ (39)「懐かしの満州」 [いだてん]

(2019日)

昭和20年3月10日の東京大空襲で100万の罹災者となり、4月13日の空襲で、
志ん生の自宅を失い、松竹で聞いた満洲慰問団に参加することになった。


ida2.jpg

昭和20年7月、新京放送局のアナウンサーだった森繁久彌に引率され各地を回った。
森繁は、ソ連が参戦すれば危険だと分かっていた。


ida3.jpg

出陣学徒だった小松勝は負ける戦と知った上官の決断により逃げていた。
志ん生の「冨久」にリアリティーが無いと「指導」し追い払われていたが、
奉天で再会し大連に着いた。


ida4.jpg

小松勝は志ん生の「富久」が自分の指導で上達していることに感涙。
日本の家族にハガキを送りたくたくなり、途中で出た。


ida5.jpg

が、ソ連兵に見つかる。とっさに逃げた。
素直に話して無事解放してくれると期待するほど愚ではなかった。


ida6.jpg

銃撃され、東京の家族に遺品が届く。
送ろうとしたハガキには「志ん生の富久は絶品」と書いてあった。


ida7.jpg

志ん生が大連で船に乗れたのは、昭和22年1月だった。


ida8.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (39)「懐かしの満州」


24日に佐世保に着き、電報を打ち、27日到着した。
1か月のつもりが、約2年となった。

今回、志ん生と小松親子、金栗との関係、
妻のりんが、バーで占ってもらい田畑と会うなど、
繋がってきたことの感動と、敗戦前後のソ連参戦と満洲の現実に
今回、特に胸に迫る回でした。




コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (38)「長いお別れ」 [いだてん]

(2019日)

1938年5月に嘉納治五郎が他界。
田畑は嘉納からストップウオッチを受け取り形見となった。


ida1.jpg

嘉納に東京五輪辞退を迫った田畑だったが、
東京五輪返上を総理に働きかけようとするIOC委員の副島道正には、
働きかけるなら戦争を辞めさせろ、と主張。


ida2.jpg

が、7月14日、政府は東京五輪中止を発表。
副島はIOC会長のラトゥールに手紙を書いた。


ida3.jpg

嘉納治五郎との友情があったラトゥールも落胆する。


ida4.jpg

金栗四三の弟子の小松勝は増野シマの娘リクと結婚し、
小松金治を儲ける。後に古今亭志ん生の弟子となるが、
この時は父の学徒出陣を万歳して祝った。


ida5.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (38)「長いお別れ」


昭和18年(1943)10月21日、出陣学徒壮行会が、
明治神宮外苑競技場で開かれた。





コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (37)「最後の晩餐」 [いだてん]

(2019日)

1937年、近衛内閣となり、シナ事変となる。泥沼となった。
若者が中国大陸に出征する一方、
1940年の東京五輪を目指して、選手たちは練習する。
が、その矛盾に平然と済まれされるものでもなかった。


ida3.jpg

河野一郎が東京五輪辞退を国会で述べていることが、
新聞にも掲載され、田畑は当初は反発したが、
嘉納治五郎に自ら説得することにした。
戦争終了後に再び招致できる可能性を残しておきたかった。


ida4.jpg

嘉納は理解したとのかと思いきや、


ida5.jpg

1938年春、エジプト・カイロでのIOC総会で
日本では無理だとの声が多かったが、嘉納は引き受け、
改めて承認となった。


ida5b.jpg

帰国の船の中で、バンクーバーから一時帰国する外交官の平沢和重と
「最後の晩餐」となった。

一番の思い出を語ろうとする。
羽田での予選での金栗。
1912年ストックホルム五輪での金栗と三島。
1932年ロス五輪・競泳での田畑の指導を思い出す。


ida6.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (37)「最後の晩餐」


が、昭和13年(1938)5月4日、洋上で帰らぬ人となった。享年77歳。
田畑は、平沢から嘉納のストップウォッチを受け取った。動いていた。


一度、「田畑、日本を任せた」という言葉があったと記憶しますが、


「お前に任せた、好きにしろ」なのやもしれません。





コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (36)「前畑がんばれ」 [いだてん]

(2019日)

昭和36年(1961)。
五りんは古今亭志ん生宅で、レコードを聞いていた。


ida1.jpg

(五りん、今松)

昭和11年(1936)ベルリン五輪での河西アナウンサーの実況だった。
「前畑ガンバレー」の連呼だった。

今松は、ザ・ピーナッツの『インファントの娘』のレコードを眺めていた。



ida2.jpg

昭和11年(1936)。
IOC会長のラトゥールは田畑に、1940年の「東京」となった礼を
ヒトラーにするよう言っていた。

その機会が来たので、田畑は礼を言う。
ヒトラーは手を出し、握手となった。



ida3.jpg

競泳女子200m平泳ぎ、調子を崩していた河西だったが、我を忘れ実況した。
が、日本国中、午前0時から聞いていた者は一体となった。


ida4.jpg

「ガンバレ」との応援を嫌っていた前畑だったが、金を獲得。


ida5.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (36)「前畑がんばれ」


日本選手団通訳のヤーコプは、五輪閉会日、撮った前畑の写真を田畑に預けた。
田畑は4年後に「東京」で会おうと言ったが、無理だとした。
翌日に自殺する。前畑を撮影したことを最後の思い出とした。





コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (35)「民族の祭典」 [いだてん]

(2019日)

昭和11年(1936)、金栗四三は嘉納治五郎に呼び出され、東京暮らしとなった。
東京五輪に向けてだった。


ida1.jpg

17年お世話になった住み込んでいた播磨屋に向かった。
すると、陸上に引っ張り関東大震災で行方不明になった増野シマの夫と娘がいた。


ida2.jpg

五輪開催直前のIOC総会での投票で、1940年は「東京」と決まった。
満洲事変、国連脱退もあったが、中国代表はスポーツは別でアジア開催にと
東京に投じてくれた。


ida3.jpg

東京では226事件、反乱軍将校の死刑(7月12日)を経、戒厳令が解除されたが、
東京五輪決定を心より祝ったのでしょう。



ida4.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (35)「民族の祭典」


マラソンでは、孫基禎が金、南昇竜が銅と播磨屋の勝利だった。



コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (34)「226」 [いだてん]

(2019日)

昭和11年(1936)午前5時、田畑は陸軍兵が行進しているのを
赤坂の自宅の窓から覗いた。
6時半に出社したが、内務省から記事の差し止めの電話があり、
号外は出せなかった。


ida2.jpg

反乱兵は朝日新聞社にも入ってきた。
緒方竹虎が交渉しようとしたが、高橋是清を殺した連中でどうにもならなかった。


ida3.jpg

第一報は午後8時半だった。
熊本の金栗の実家にもラジオがあった。
日本では1925年が最初で大正12年(1923)関東大震災時には無かった。


ida4.jpg

IOC会長のラトゥールが日本に来てくれた。
戒厳令下の東京を案内するのに、嘉納治五郎は清さんに頼んだ。


ida5.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (34)「226」

1935年2月のオスロ総会時に杉村陽太郎が、
ムッソリーニに頼んで1940年の東京と44年ローマの合意を述べて
ラトゥールが激怒したが、その指示は嘉納がしたことだと正直に告白。

接待作戦により、次はアジアで開催すべきと、ラトゥールの発言を得る。





コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (33)「仁義なき戦い」 [いだてん]

(2019日)

ida1.jpg

IOC委員だった副島道正と駐イタリア大使でもあった杉村陽太郎は、
ムッソリーニと会い、1940年の大会を東京、44年はイタリアでと合意した。


ida2.jpg

副島が病気となり、杉村は単独でオスロへ向かった。
1935年2月、オスロ総会となるが、イタリアが辞退しなかった。


ida3.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (33)「仁義なき戦い」

イタリアの委員の抵抗と、杉村が政治で合意したことを伝えたため、
IOC会長ラトゥールは厳しい表情となり、開催地決定は翌年に延期された。

しかし、嘉納治五郎は手紙をラトゥールに出し、日本に来てくれることになった。

それに対して、河野一郎は、ヒトラーの働きがあったのではいかとした。




コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (32)「独裁者」 [いだてん]

(2019日)

昭和7年(1932)ロス五輪、200m平泳ぎで銀だった前畑秀子は、
水泳を続ける気はなかった。


ida1.jpg

が、両親が霊界から現れ、続けるよう説得。


ida2.jpg

大日本体育協会理事の岸清一が、9月29日、昭和天皇へののご進講を務めた。
選手への心無い発言をした東京市長の永田秀次郎に対して、
「のびたうどん」と罵った。


ida3.jpg

国際連盟を33年に脱退。事務局次長だった杉村陽太郎は、IOC委員となった。
ムッソリーニへ1940年五輪の辞退を求める嘉納治五郎の案に
駐イタリア大使に決まっていた杉村は賛同した。


ida4.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (32)「独裁者」

大日本体育協会理事となった田畑は、東京五輪招致のため、
日本をアピールする写真集を作ることになり、連日自宅での編集作業だった。





コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (31)「トップ・オブ・ザ・ワールド」 [いだてん]

(2019日)

昭和7年(1932)ロス五輪。


ida2.jpg

競泳男子背泳ぎ100m、金銀銅と占拠し、
現地の日本人は「君が代」を歌った。


ida3.jpg

エキシビジョンで400年前の日本泳法を披露。
日本人とプールを共にするのを嫌う時代だったが、
観客は感激し、飛び込み喜んだ。


ida4.jpg

帰国に際し、アメリカ社会から差別された日本人に感謝される。

「私は日本人だ」

と、水泳の快挙で堂々と言えるようになった。



ida5.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (31)「トップ・オブ・ザ・ワールド」


帰国した選手団だったが、東京市長の永田秀次郎は、
200m平泳ぎで銀だった前畑秀子に、

「銀や銅は金ではないということだ」

と言い放った。
エリートにデリカシーが要求されない国だった。




コメント(0) 

いだてん~東京オリムピック噺~ (30)「黄金狂時代」 [いだてん]

(2019日)

昭和7年(1932)7月、ロス五輪となった。


ida2.jpg

生で実況することを禁止され、アナウンサーがメモと記憶で「実感放送」をした。


ida4.jpg

大横田が調子を崩し、キャプテンの高石勝男を田畑が推したが、
横山隆志となる。
金メダルとなった。



ida5.jpg
NHKオンマインド いだてん~東京オリムピック噺~ (30)「黄金狂時代」


大横田勉は銅だった。
全種目制覇を連呼してた中でもあり、
「申し訳ない」という気持ちがあふれ出た。

金7 銀7 銅4 のうち、
水泳が、金5 銀5 銅2 と占めていた。

田畑効果なのでしょう。




コメント(0) 
前の10件 | - いだてん ブログトップ