So-net無料ブログ作成
太平記 ブログトップ

太平記 第7回 悲恋 [太平記]

(1991日)

正中2年1月(1325) 足利高氏は19だった。
その頃、奥州安東氏の乱が長引いていた。


taihe1.jpg

河内で楠木正成に日野俊基への言付けを頼まれた石は鎌倉に着き、
花夜叉一座の仲間と再会する。
この時、藤夜叉の妊娠を知り不機嫌となる。


taihe2.jpg

北条得宗家の内管領・長崎円喜が足利宅へ訪れると知らせがあり
弟の直義は激怒していた。
高氏が捕まったのも彼らの企みだったからだった。


taihe3.jpg

長崎は、高氏と北条守時(赤橋)の妹の登子との婚姻の確認を求めてきた。
第14代執権北条高時の指示でもあった。
父の足利貞氏が「身に余る光栄」だとし、長崎は喜んだが、
それは、奥州へ6000の兵を出してくれとの要請に繋がった。

元々は長崎の息子の高資が安東家の兄弟争いで両方から賄賂を貰って
放置したことから生じた戦争で、その始末を他家に押し付ける身勝手だった。


taihe4.jpg

藤夜叉は佐々木道誉が預かっていたが、石が忍び込み、
高氏と赤橋の縁談を伝え、子どもは一座で育て父が必要なら自分がなると
諦めさせた。そして、藤夜叉は自分から石に連れ出すよう頼んだ。

屋敷の者に見つかったが、石は命がけで藤夜叉を屋敷の外へ逃がした。


taihe5.jpg

が、そこに高氏がいて、2人は逃げた。
藤夜叉は高氏と京の都へ行きたいと言うが無理な話で、また明日会おうとなった。
石が追いついたので、石に預けた。



taihe6.jpg

その晩、帰宅すると、新田義貞とすれ違った。
奥州へ兵を出すので挨拶に来たとのことだった。



taihe7.jpg

(足利貞氏)

父に確認すると、新田は何も言わず腹をさぐりにきただけとのことだった。
安東を討伐する目的の大軍を北条討伐へ切り替える話となる。
高氏は赤橋との縁談があったので反対したが、
それはそれで幕府を改革していければいいと説得された。



taihe8.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 

(金沢貞顕、赤橋守時、長崎円喜)


が、連署の北条貞顕(金沢)が、新田や貞氏の腹を見破り、
裏目に出ることを恐れた長崎円喜は、取りやめとした。





コメント(0) 

太平記 第6回 楠木登場 [太平記]

(1991日)

元亨(げんこう)4年(1324)高氏が19で京に向かい、
醍醐寺で日野俊基と会っていたことから、謀反と疑われる。
六波羅の次は侍所に捕まったが、北条守時(赤橋)の言で釈放された。


taihei3.jpg

高氏と父の足利貞氏は、赤橋宅に礼に行った。
が、元々は北条得宗家の内管領長崎円喜から始まったことなので、
本来は北条が足利宅へ詫びに来るのが筋だった。
が、赤橋は先に全てを認め頭を下げた。
ここから、守時の妹の登子との縁談話が進んだ。


taihei5.jpg

鎌倉の佐々木道誉宅に花夜叉一座が呼ばれていた。
藤夜叉の妊娠を確認した道誉は、藤夜叉を預かることにし、
高氏と会わせると約束した。


taihei6.jpg

その頃、石は日野俊基から預かった刀を河内の楠木正成に渡した。


taihei7.jpg

正成は石に鎌倉へ行って、「何としても生きてください」と伝えてくれと頼んだ。
が、正成の弟の正季(まさすえ)は、力づくで日野俊基を助けることを企んだ。



taihei8.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 


高氏は、第14代執権北条高時と再度会った。
佐々木道誉は高時の信頼を得ていた。

その帰り、道誉から藤夜叉の妊娠を聞く。
手下の馬之助が反対したが、会うことにした。





コメント(0) 

太平記 第5回 危うし足利家 [太平記]

(1991日)

元亨(げんこう)4年9月19日(1324)、
足利高氏は19だったが、幕府への謀反を疑われる。
京の醍醐寺で日野俊基と会っていたのを通報した者がいたからだった。
六波羅からは助かったものの、侍所に捕まった。
内管領長崎円喜の指示によるものだった。


taihei1.jpg

(連署・金沢貞顕  御家人・足利貞氏)

高氏の父貞氏は、妻の兄にあたる北条貞顕(金沢)宅にかけつけた。
連署にも執権にも相談なく長崎円喜が息子の高資を使って捕まえたとのことだった。

いわば副執権の連署だったが、円喜に連署にさせてもらったこともあり、
せいぜい牢の高氏と会わせること位しかできないとした。


taihei2.jpg

失意だったが足利貞氏は次に幕府に向かい高時に会った。
が、高時は長崎円喜に相談せよ、だった。


taihei3.jpg

帰り際、その長崎円喜とすれ違う。
が、用件を言えず帰宅する。


taihei4.jpg

頭を下げなかったことを悔いたが、
理不尽な長崎と死を覚悟して戦う息子の決意を知った父は、

「其方、いかなることがあろうとも見殺しにはせん。」

と言う。
その父の愛に、高氏は感動し涙を浮かべる。


taihei5.jpg

侍所の審問だった。許可なく京に入って、日野俊基というテロリストと会ったか確認される。
六波羅の軍勢から逃れて佐々木道誉宅に逃げ込んだが、
その佐々木道誉が証人として現れた。
しかし、道誉は、事実関係は全て認めたが、横にいる高氏は別人だと言った。


taihei6.jpg

( _、北条守時(赤橋)、北条貞顕(金沢)、北条高時、長崎円喜、長崎高資)

後醍醐天皇から釈明書が届いたが、高時は受け取らず返すことにした。
奥州で安東家が2派に別れて争っているが、周囲を巻き込み朝廷や足利と
拡大するのを未然に防ぐため、赤橋と金沢の言を高時は採用した。

おまけに、安東2派の双方から金品を受け取っていた高資のことが明らかにされた。


taihei7.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 


長崎円喜は、帰宅後、息子に殴る蹴るの暴行を働いた。




コメント(0) 

太平記 第4回  帝 ご謀反 [太平記]

(1991日)

元亨(げんこう)4年9月19日(1324)
六波羅軍3000は名だたる者たちを京都で襲撃した。

土岐頼兼たちの倒幕計画が露見、正中の変となった。
頼兼は自害。日野俊基は佐々木道誉宅に逃げ込み、隠れることに成功。


taihei2.jpg

足利高氏は日野と会っているところを見られ、六波羅探題で詮議を受けた。


taihei3.jpg

後醍醐天皇が首謀者だったが、幕府には知らないこととした。


taihei4.jpg

花夜叉一座の石は、日野俊基に別の隠れ家へ案内するよう
花夜叉から指示されていたが、日野が拒否。捕まることを選んだ。
その直前、自分の短刀を楠木正成に渡して欲しいと石に託した。


taihei5.jpg

(長崎円喜、長崎高資、金沢貞顕)

高氏は六波羅探題の詮議にはシラを切り助かったが、侍所に捕まった。
その指示は長崎円喜だった。
第14代執権北条高時の内管領で実質の最高権力者だった。

高時に足利家が兵を増やしていた理由を問いただす機会だと説明した。
高時が14で執権となり、頭脳となったのが円喜だった。


taihei6.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 

牢の中で寝るしかなかった。



コメント(0) 

太平記 第3回 風雲児 [太平記]

(1991日)

元亨(げんこう)4年(1324)9月、高氏は京についた。


taihe1.jpg

京に来たら寄るようにと、日野に言われたことを思い出し醍醐寺に来た。
貴人がいた。扇子に何かを書いていた。


taihe2.jpg

(日野俊基 四条隆資 文観 花山院師賢)

その貴人が扇子を風にまかせ飛ばし、文観が手に取り、読んだ。
後醍醐天皇の御製だった。


taihe3.jpg

再会を喜ぶ日野は、高氏に倒幕の意思を伝えた。
すでに新田義貞に会ったと言う。
新田や全国の諸将は足利が立てば立つとの意だとも言う。

すぐに、日野俊基に楠木正成に会ってもらうと、現在の伏見に連れていかれたが、
幕府の六波羅勢が日野を捕まえようとした。
が、高氏が馬に乗せ日野を助けることに成功した。


taihe4.jpg

(花夜叉、高氏、佐々木道誉)

日野の自宅は危ないので、近江守の道誉宅に逃げ込んだ。
たまたま花夜叉一座が来ており、披露してもらった。


taihe5.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 


ここで藤夜叉と出会う。
右端は、マツコさんか分からないが、
記念の1枚として残しておく。






コメント(0) 

太平記 第2回 芽生え [太平記]

(1991日)

赤橋守時に母が借りていた『古今和歌六帖』を高氏は返しに訪ねた。
後に正室となる妹の登子が応対に出る。


taihei1.jpg

北条氏一族で、第2代執権義時の孫の長時の流れの得宗家に次ぐ名門、
長時は第6代執権となるが、兄守時も後に第16代執権となる。
赤橋に屋敷を構えていたので、赤橋を名のったそうだ。


taihei2.jpg

時宗の僧侶と信者が群れをなして歩いていたが、
第14代執権北条高時の内管領長崎円喜(フランキー堺)の行列とぶつかった。
すると長崎の手下が勝手に時宗の信徒を斬り殺そうとしだしたので、
見かねた高氏が止めに入り斬り合いになった。
そこで、山伏の姿になっている後醍醐天皇の側近日野俊基が加勢。
その場は収まり、高氏はケガの手当もして貰う。


taihei3.jpg

京都での連絡先をその場で書いてくれた。


taihei5.jpg

帰宅すると、既に長崎からクレームが入り、母が父に謝罪しろと言う。
しかし、高氏は自分は悪くない、鎌倉は嫌いだ、と父に言うと、
鎌倉にいたくなければ出ていけ、と言われてしまう。


taihei6.jpg

父に謝るよう直義も兄の高氏に勧めるが、
高氏は鎌倉を出て京に向かうつもりでいた。


taihei7.jpg

高氏は足利領の飛び地の伊勢に向かった。
父が長崎に詫びた形になり、高氏も京を見たかった。
伊勢神宮の荘園から貢物を運ぶ列に加わるという名目だった。
途中、足利家に恨みを抱く、石(柳葉敏郎)に命を狙われる。


taihei7a.jpg

(藤夜叉、石)

石も藤夜叉も花夜叉一座に拾われた。
花夜叉(樋口可南子)が楠木正成の妹で、後に藤夜叉と高氏との間に直冬が産まれる。


taihei8.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 


1324年9月、19歳の高氏は京に入った。
「トレンディー大河」と言われたらしいが、
花夜叉一座の設定に面白そうだと笑うしかなかった。




コメント(0) 

太平記 第1回  父と子 [太平記]

(1991日)

弘安の役の4年後、弘安8年(1285)、安達泰盛が北条得宗家に潰された。
北条家は、鎌倉幕府の有力御家人を次々潰していった。

物語は、20年後の1305年から本格的に始まる。
北条氏に潰された吉見一族の残党の塩屋家の者たち10数名が、
足利家を頼るも、幕府から差し出せとの要求があった。
同じ源氏の流れを汲むので助けたかったが、時代は北条得宗家にあり、
家の門を空けさせ、塩屋の者たちは突撃した。


taihei1.jpg

足利貞氏(緒形拳)は少年を引き留めた。


taihei2.jpg

鎌倉へ挨拶に来た貞氏だったが、幕府政所で内管領の長崎円喜と会う。
将軍も執権も風邪で挨拶できず、長崎が受けると言う。
 内管領は幕府の役職でなく、北条得宗家の執事だった。
少年1人を助けたことを問いただされたが、シラを切った。

この年、貞氏の側室清子は、又二郎(後の尊氏)を産む。



taihei4.jpg

(新田義貞、足利直義、足利尊氏)

時が経ち、足利兄弟が新田領で遊んでいたところ、新田義貞に捕まった。
共に源氏の流れで北条の専横を苦々しく思っていたが、
この局面では、新田の子分にさせられるところだった。


taihei4b.jpg

そこへ、一人の武者が駆けつけてくれ救出してくれた。
父が助けた少年が青年となり、匿われていた三河から鎌倉へ戻ってきた。
一色右馬介(大地康夫)が、少年尊氏に仕えることになった。


taihei5.jpg

少年は元服することとなる。
烏帽子親は第14代執権北条高時。この時、一字もらって、高氏となった。
頭を押さえつけて嫌がらせを楽しむ高時だった。


taihei6.jpg

(第9代将軍守邦親王、北条高時)

高時は、大の闘犬好きで、鎌倉に犬が千頭いたそうだ。
有力御家人を招いて楽しんでいたが、高氏がアクビをしたので、
高氏に土佐犬を引く役目を与えた。



taihei7.jpg
TSUTAYA 太平記 完全版 


これが凄まじかった。
青年高氏は自ら土佐犬と格闘し始めた。
アクションのJAC出身の真田広之に噛みつきに行くが、
ケガをしても涼しい顔をしてそうだ。

第1回、見事でした。
あまり知らない時代なだけに、危険を顧みない撮影で驚きでした。
北畠顕家が後藤久美子などふざけていてチャラいのかと疑問だったのですが、
真剣でした。

これは面白そうです。
諸事情(朝ドラの割込)により短期での視聴は難しいのですが、
1年間で見たいですね。




コメント(0) 
太平記 ブログトップ