So-net無料ブログ作成

おしん 126~128回 試練編 [おしん]

(1983日)

大正13年(1924)彼岸の中日、3月20日頃、
おしんは、耐えかね田倉家を脱走した。


oshin2.jpg

小作の耕造の妻佐和との約束の場所へ向かった。


oshin2b.jpg

ところがどっこい、佐和は竜三にチクった。
てっきり、当面、子どもの面倒は山形から母を呼び寄せ、
おしんは髪結いで生計を立てるものだと考えていた。
私は佐和を憎んだ。


oshin3b.jpg

竜三に「東京へ行くなら雄を置いていけ」と力づくで奪われる。


oshin5.jpg

帰省していた次兄の亀次郎が陸軍大尉で応急処置には慣れていた。
それから外科医を呼び薬をもらって三日寝込んだ。


oshin5b.jpg
NHKオンデマンド おしん 126~128回 試練編


目を覚ますと、義母が部屋に入ってきて、
あの日、仕事を命じていたのに、どうして雑木林に行って、
大ケガをしたのか、問いただされた。

さすがに、竜三も「東京行き」は言わなかった。




人気ブログランキング
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。